ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

【ネタバレあり】『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』は今年の日本映画で1番のアクション映画!【映画レビュー】

全世界30億人の仮面ライダーファンの皆さん、こんにちは!

1/3,000,000,000の山田ぽんたです。息子と娘と妻を入れるとウチだけで4人、赤ちゃんも恐らくファンになるから我が家は5人もファンを供給する名家です。

さて、そんな仮面ライダーの最新映画である『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』を家族で観てきました。

f:id:pompomponta:20171216192607j:plain

画像はwww.toei.co.jpより

クソ長いタイトルにちょっとびっくりしましたが、タイトルの長さに恥じない、今の仮面ライダーしか知らない子どもも、ちょっと前の仮面ライダーも観ていた大人も、家族みんなで楽しめる素晴らしい映画でした。

公式サイトはこちら⇒仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー

というわけで今回は久々の映画レビューです。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』レビュー!

端的に今作の感想を言いますと、

『仮面ライダー史上最も力の入ったアクションとファン向け要素満載のお祭り映画』

です。あんまり端的じゃあねぇな……。

あらすじとしてはこんなかんじ。

物語はスカイウォールという巨大な壁で三つに分断された仮面ライダービルドの世界に、仮面ライダーエグゼイドの敵であるバグスターが出現する謎から始まる。存在しないはずの敵がなぜ…?正体不明の敵に為す術なくその場に崩れる戦兎の眼前には、体の半分がメカに覆われた奇怪な人物が佇んでいた。科学者を名乗るその男が巨大なマシンを起動させると、上空に突如として逆さになった世界が出現した。一方、エグゼイドの世界でも同じ現象が勃発。スカイウォールのある世界が、地上へ刻一刻と迫りくる。二つの世界が激突するまでに残された時間は、わずか24時間。消滅へのカウントダウンが始まった。 未曾有の危機に直面した人類を救えるのは―― そう、“あの”戦士たちだけ。

前作を遥かに凌ぐスケール、見たこともないアクション、出会うはずのないヒーローたちの邂逅。多くの謎に包まれながら、この物語はあなたたちを待ち受ける。
衝撃の平成最終章。伝説の闘いのすべてを、その眼に焼きつけろ!!

引用元:www.toei.co.jp

なかなかアツい煽り文句ですね。

実際にぼくも妻も子どもたちも超期待して臨みましたからね。何と言っても今回はメンツがスゴい。現クールの仮面ライダービルドと前クールの仮面ライダーエグゼイドがいるのは当然として、

  • 仮面ライダーゴースト(西銘駿)
  • 仮面ライダー鎧武(佐野岳)
  • 仮面ライダーフォーゼ(福士蒼汰)
  • 仮面ライダーオーズ(渡部秀)

が出演するんです。もちろん本人で。

さらに仮面ライダーオーズのもう一人の主役といってもいい『アンク(三浦涼介)』も出演するんですよ!!!!

もうこれだけでストーリーがどうとかがぶっ飛ぶレベルですよね。ファンとしてはもう観たくて観たくてたまらない。

なんてったってアンクの復活ですよ?!メダルの割れた状態からどうやって復活するんだ??っていう興味もですが、また映司との絡みが見れることに興奮せざるを得ないです。

というわけで以下よりネタバレを含んだ感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界を分けてライダー共演の矛盾を極力減らしている

今作ではこれまでの映画版と同様、過去の仮面ライダーが登場します。

これまでだったら、なんだか特に説明もなく別の仮面ライダーがそこに『いる』という流れで、Aという仮面ライダーの世界に当然のようにBの世界の仮面ライダーがいましたよね。視聴者側はもうそれに納得するしかなかったわけですが、今作においてはそれが当てはまりませんでした。

ところが今作ではキッチリ世界が分かれているんです。

エグゼイドまでの映画作品ではそこまでの仮面ライダーが同一世界に存在している描き方でしたが、今作では世界を分けることで、エグゼイドとビルドを矛盾なく共演させることに成功していますしそれが物語の鍵となっています。

2つの世界をくっつけようとする悪役(大槻ケンヂ)とそれを止めるために奔走する各仮面ライダー、ビルドの世界では特に日本が分断されている設定ですから、世界を分けることでこの点も矛盾を感じさせないようにできていますよね。

さらに『2つの世界は時間の流れ方が違う』という要素を入れることで、ビルドの本編が始まる前に映画版の設定をねじ込む(エグゼイドとパラドがビルドと戦っている)という荒業も行っています。記憶喪失の主人公って要素を存分に活かしていますね。

アクションのレベルはこれまでと一線を画する

今作で注目してほしいのはアクションです。

仮面ライダーは元々アクションのレベルが高いですし、映画版はいつも気合が入ったデキですよね。

しかし、それにさらに輪をかけたハイレベルアクションを今作では披露してくれています。

ただCGのレベルが低いのが非常に残念で、もういい加減ハリウッドのスタジオにCG依頼すればいいんじゃね?って思うんですけれど、それを味だと思う層もいるんでしょうしそもそも予算が足りないんでしょう。

各仮面ライダーのアクションシーン、それもごちゃごちゃに全員で戦うシーンではなく、ソロ格闘シーンがかなりふんだんに用意されています。ファン垂涎ですよ。また、最後のエグゼイドとビルドが敵のボスと戦うシーンは屈指のデキ。

仮面ライダーの代名詞であるバイクも今作ではアクションシーンが用意されています。さすがに仮面ライダークウガのレベルとまではいきませんが、あれはもうちょっとおかしいですからね。トライアルしちゃってますから。

ですが全員で並び、それぞれの決めゼリフを言って(ココがまたアツいシーン)、一斉にバイクで走るシーンがあるんですが、久々にガッツリとバイクアクションを魅せてくれます。

特撮映画とは言え充分に大人の鑑賞に耐えるアクションが満載です。

正直いって、今年の日本映画で1番のアクション映画なんじゃあないでしょうか?

ファンが喜ぶ要素が満載

各仮面ライダーのソロ格闘シーンがふんだんに用意されていると書きましたが、そのシーンでは各仮面ライダーが段階的に最強フォームに変わっていきます。全てを見れるわけではありませんが、それでも最強フォームまでをハイレベルアクションと共に鑑賞できるわけで、観ながらニヤニヤが止まりませんでした。

例えば鎧武だと

オレンジアームズ⇒カチドキアームズ⇒極アームズ

というように変わっていくわけです。

そしてこのシーンで1番感心したのが、全員が最強フォームになるなかオーズだけはプトティラコンボではなくタジャドルコンボに留めたことです。

当たり前なことなんですけど、恐竜メダルがないっていう設定をちゃんと反映しているんですよね。そこらへんを適当にされると冷めちゃうもんですが、ファンの気持ちを考えてくれるところに愛を感じます。

今作の主役はオーズだろ?

ビルド&エグゼイドと謳っておきながら今作ではオーズが主役と言っても過言ではないです。

アンクの復活の仕方がご都合主義全開なんですが、そこはまぁそんなもんでしょう。

アンクが「映司!これを使え!」とメダルを投げるところではホロリときます。映司の嬉しそうな顔にもほっこり。

上でタジャドルコンボになると書きましたが、タジャドルコンボにはアンクのメダルが必要になりますよね?アンクは自分の身体からメダルを取り出し、映司に使わせるわけです。

アンクは完全に復活したわけではなく、仮の命のようなもの。恐らくいずれは消えてしまうものなのでしょう。というのも今作のアンクは財団Xが作ったコアメダルで生まれた、アンクとは違うけれど同じメダルを持つグリードなんですね。当初は映司を敵と認識して攻撃するわけです。そこに割れたタカメダルが反応、取り込むことでアンクとして復活するのです。

そして映司を救出、タカ・トラ・バッタのメダルをいつものように投げ、タトバコンボに変身させるんですけど、そのときに映司の感無量と言った表情がまたたまらん。利用し合う関係から、様々な事件を乗り越え掴んだ明確な友情。その友情をお互いに確認できたときにはアンクが消滅…テレビシリーズではこうなったわけですけれども、テレビシリーズを観ていたファンからすると今作のアンク復活で得られるカタルシスは尋常ではないものになりました。

結果としてタジャドルコンボに変身させるために再度アンクは消滅するわけですが、ラストシーンで映司がアンクにアイスキャンディーを渡す際に子どもの横でぼくはボロボロと泣いてしまいました。

ただ単にオーズが本人で出演するだけではやはりダメで、オーズはアンクとセットであるべきなんですよね。

このチョイスには本当に感謝しかありません。

次に訪れる『明日』を楽しみにしています。

仮面ライダーになりたての万丈龍我の成長物語でもある

現行の仮面ライダービルドで、つい数週間前に仮面ライダークローズになった逃亡犯こと万丈龍我。

作中好き勝手に動きまくっててもはや設定上でしか逃亡犯ではないあたりが笑える彼ですが、今作では彼の成長物語も盛り込まれています。

『仮面ライダーはなぜ戦うのか?』

これをテーマとして、先輩仮面ライダー達や仮面ライダービルド=桐生戦兎が背中で、彼に伝えます。そして、自分なりの答えに辿り着いた万丈は仮面ライダーとして戦うわけです。

確かに普通、「オマエ明日からライダーな!がんばれよ!」って言われて戦えるものではありませんよね。むしろ逃げてしまうでしょう。

そこらへんに対する答えというか、キッチリと彼の気持ちを描き答えに辿り着かせることで、仮面ライダー全体に対する疑問に答えられたんじゃあないでしょうか?

子どもにもヒーロー像として納得しやすいですし、そこの流れが大人も楽しめる作りになっていました。

まとめ

今作『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』で平成ジェネレーションズは終わり。と言っても2作目だった気がするんだけれど…。

ぼく個人としては平成ジェネレーションズのように出演する仮面ライダーは絞ってもらい、その分本人の出演やしっかりとドラマを描くやり方が好きです。

特に今作は仮面ライダー映画史上最高傑作だと思っています。

スタッフロールでは登場ライダーのテーマ曲が次々流れる粋な演出。そしてスタッフロール後には仮面ライダークローズの次に登場する仮面ライダーがチラリと…まぁこれは毎度のお約束ですね。

来年以降の仮面ライダー映画も非常に楽しみです。

ではでは

楽天がMNOになれたとしてこの先生きのこれるのか……?

こんにちは!

11月14日、かなり衝撃的なニュースが飛び込んできましたね!

なんと、楽天が携帯電話キャリア事業への新規参入を目論んで、1.7GHz帯と3.4GHz帯の電波帯の取得を目指すと発表したのです。

携帯キャリア事業への新規参入表明に関するお知らせ | 楽天株式会社

docomo、SoftBank、KDDI(au)による実質3社寡占が10数年続いてきた日本で、『第4のキャリア』が生まれることになりますね。

f:id:pompomponta:20171214231801p:plain

ただ、携帯電話キャリアへ新規参入するというのは当然カンタンなものではありません。販売ノウハウなどについてはMVNOとしての経験もありますし、楽天モバイルで一定の顧客も抱えていますからそういう部分ではそこまで心配はないでしょう。

単純に莫大な資金が必要になるという点。

イニシャルコストもランニングコストも尋常ではない金額がかかるわけです。

ですからせっかく新規参入できたとしても利益を出して事業を軌道に乗せられるか?この先生きのこれるか?というところが気になりますよね。最悪楽天本体ごとぶっ飛んでしまいます。それだけリスクがあるわけです。

じゃあなんでそんなハイリスクな事業に手を出すんでしょう?

もちろんぼくは楽天の経営陣ではないですから、実際にどのようなビジョンがあるのかは全くわかりません。ですが、ざっくりとデータなどから携帯キャリアがどれだけ金がかかるのか?について考えると共に、楽天がこれから先生きのこれるのか?についても考えてみたいと思います。

楽天が新たな携帯電話キャリアになる…のか!?

自社で基地局を設置し、携帯電話キャリアとして事業を行うためには総務省から電波帯を割り当てられなければなりません。電波は国民の共有財産ですから、総務省が管理しているんですね。

テレビやラジオ、船舶無線などもそうですし、もちろん携帯電話やPHSも電波を利用しています。ですが、時代に合わせて使わなくなる帯域が出てくるわけです。

これを改めて総務省が割り当てるんですが、楽天はこれに手を挙げるという発表をしたわけなんですよ。

携帯電話キャリアはとにかく金がかかる

現在日本全国津々浦々まで通信エリアがあり、日本国内においては少なくとも通信を利用できない場所がないといってもいい状況です(一部例外アリ)

これを維持し、さらに拡げるにはどのくらいコストがかかっているんでしょうか?

docomoを例にざっと見てみましょう。

財務ハイライト : 年度データ | 企業情報 | NTTドコモ

言わずと知れた日本の超巨大企業、且つ携帯電話キャリアの雄であるdocomo。

2017年3月期の決算によると営業収益は約4.5兆円で純利益は6,506億円。ぼくが何人束でかかっても勝てそうにありません。

そんなdocomoの設備投資費は主な財務指標によると、5,971億円。

一般的に広いと言われるdocomoのエリアを維持し、さらに拡げるためにはこれだけの金額がかかるわけです。

楽天はどれだけ投資するつもり?

では翻って楽天はどれだけ投資するのでしょうか?

プレスリリースによると、2019年のサービス開始を予定しており、そこまでに基地局設置のために2,000億円を調達、2025年に6,000億円まで調達するとあります。

サービスを日本全国で展開するのか?それとも都心部のみなのか?(地方は既存キャリアのローミング)によっても違います。さらに今回は1.7GHz帯と3.4GHz帯ですからそれなりに密集して設置しなければなりません。

恐らくですが、まずは都心部でサービスを始めて、地方ではやはり既存キャリアのローミングとなるんではないでしょうか?

楽天の狙いは楽天サービスとのシナジー効果

3社寡占状態で安くなったり高くなったり、3歩進んで4歩下がるときもあれば3歩進んで1歩下がるときもある、はたから見ればカルテルじゃね?と思わせる料金設定が標準化してしまった現状では、新規参入によって競争原理が働くことを期待せざるを得ませんよね。

楽天としては通信事業を中心に据えるのではなく、楽天市場などのショッピングや金融サービス、それら全てに使えて利用できる他社サービスも増えている楽天ポイントとのシナジー効果を狙っているんではないでしょうか?

つまり、楽天としては自社サービスを利用する顧客を確保するために、非常に廉価に通信サービス提供する可能性があるってことです。まぁそれ目的にしては莫大な投資になりますけども。ハイリスクな、まさに『賭け』に打って出たとぼくは認識しています。

MVNOである楽天モバイルよりは安定した通信サービスを提供するけれども、既存のキャリアと比べれば劣る…それでも隙間を狙ったY!mobileやUQモバイルのような料金設定、もしくはさらに低廉な料金設定であれば魅力的だと感じる人もいるはずです。

通信料で儲けを出すのではなく、通信サービスをフックに自社サービスの利用に繋げて儲けを出すのであれば、楽天の目指している契約者数1,500万人というのは案外早くに達成できるかもしれませんね。

まとめ

楽天の新規参入発表でキャリア3社の株価が下がったそうです。というか楽天も下がってるあたり笑えるんですけれど…。

携帯参入の楽天株が急落、競争懸念でドコモなど通信株も軒並み安 - Bloomberg

ただ、これで分かるのは、『現状キャリア3社は儲けすぎ』ってことですよね。今後、競争原理が働くかもとなるとすぐに市場が反応したんですから。

楽天が実際に参入して、どのようなプランを発表するのか?ここに注目したいですね。

そして、願わくばカルテル(仮)に飲まれずにやっていただきたいものです。

ではでは

Google謹製ファイル管理アプリ『Files Go』はAndroidユーザーのマストアプリ

こんにちは!

Androidユーザー待望のアプリがついに配信開始です。

それは『Files Go』

f:id:pompomponta:20171207225254j:plain

多少…いや、かなりアイコンがダサい気がしますけれど、それだけで判断するのはもったいないですよ。

play.google.com

以前当ブログでも開発中の『Files Go』を取り上げました。

pontablog.pompomponta.com

Google謹製のファイル管理アプリで簡易なファイルマネージャーとしても使えます。さらに元々が新興国等のロースペック端末向けのアプリですから、キャッシュのクリアやファイルの削除、SDカードへの移動なんかもできるんですね。

そして、目玉機能(だとぼくが思っている)がファイル共有です。

Android端末同士がそれぞれアプリをインストールしている必要はありますが、iOSのAirDropのようにその場でファイル共有ができるんです。

これまでだとあってもサードパーティアプリでしたし、Google謹製ってのが何より安心ですよね。PCを介す必要もなく、目の前にいるのにメールやLINEなんかのメッセージングアプリを使う必要もなく、サクッとファイル共有ができるわけです。AirDropでサクサクファイル共有しているiOSを尻目にせっせとメールを送る時代は終わりを告げるわけです。

というわけで今回は、Googleがついに正式配信した『Files Go』についてです。

Androidユーザーのマストアプリ『Files Go』 

『Files Go』の『Go』ってのは、ロースペック端末の『Android Go』から来ています。上でも書いているように新興国なんかで売られているロースペック端末に搭載されているわけです。

それの最新バージョンである『Android Oreo(Go Edition)』にプリインストールされるアプリになります。

今後の展開次第では機能の拡充と併せて、全Android端末にプリインストール、さらにファイル共有機能は標準機能化されるんじゃあないでしょうか?それに期待したいところですね。

では現状、どんなふうに使うんでしょうか?

ファイル共有以外は最低限度の機能

というわけで自分のAndroid端末にインストールしてみました。

Galaxy Note8とXperia X Compactです。

まずはファイル共有以外の機能を、非常にざっくりとお伝えします。

アプリをインストールして開くと、権限の確認をされてこの画面になります。

f:id:pompomponta:20171207225641j:plain

このページはストレージタブでして、パッと見でどんな機能があるかがお分かりいただけると思います。

  • 使用していないアプリの削除
  • アプリキャッシュの削除
  • ダウンロード済みのファイルをダウンロードフォルダからSDカードへ移動
  • 重複したファイルの削除

などなど、ストレージ容量を少しでも増やすためにがんばってくれるわけです。

例えばアプリキャッシュの削除をするならば、

f:id:pompomponta:20171213212346j:plain

これだけでストレージ内のアプリキャッシュが削除できます。もちろん特定のアプリも除外できますからゲームなんかを中断している場合も安心です。

目玉機能!オフラインでのファイル共有

では目玉機能である、ファイル共有機能について見ていきましょう。

f:id:pompomponta:20171213214702j:plain

送信するための操作は非常にカンタンです。

まずは最初の画面で『ファイル』タブをタップ、その後上の画像の手順でとりあえず進めていきます。

f:id:pompomponta:20171213214831j:plain

送る相手に自分を分かってもらうために名前を決めます。ここで入力した名前が相手に表示されます。これは設定からも変えられますのでとりあえずお互いにわかる名前にしておけば大丈夫。

今回は試しにGalaxy Note8からXperia X Compactに送ってみます。

f:id:pompomponta:20171213215216j:plain

こちらがGalaxy Note8側、つまり送信側です。

『ぽんやま』ってのはXperia X Compact側での名前です。

f:id:pompomponta:20171213215319j:plain

こちらがXperia X Compact側、つまり受信側です。

これで接続は完了。認識はかなり早く、送信側はすぐに受信側の名前が表示されます。が、接続の失敗が多いときもあり、そこらへんの原因はイマイチわからないんですが、まだまだ不安定なところもあるのかもしれませんね。

送ったファイルはぼくのアイコン。

f:id:pompomponta:20171121002120j:plain

100KBちょっとのデータですから、これは爆速で共有完了しました。

f:id:pompomponta:20171213221838j:plain

ちょっとしたデータなら素早くサッとやり取りができるわけです。

大きなデータになるとどのくらい時間がかかるのか?

では次は動画なんかの大きなデータを共有してみます。

スマホで撮った動画は解像度がフルHDや4Kとキレイになった分、非常にデータが大きくなりますよね?学校のイベントなんかで子どもを撮影したら数GBになることもザラです。

子どもの音楽発表会での模様を撮影した動画を送受信してみました。

データ容量は約1.3GB、時間は6分弱の動画です。

f:id:pompomponta:20171213222241j:plain

画像の通り約8分で転送が完了しました。

どうしても容量が大きくなると時間がかかってしまいますね。今後より転送速度の速い規格が誕生し、書き込み速度も向上すればここらへんは改善されることでしょう。

まとめ

Android端末同士でも、オフラインでファイル共有ができる。それもGoogle謹製のアプリでですから、それだけでも非常に価値が高いですよね。

1つのファイルならLINEでやり取りすればいい場合もありますけれど、複数のファイルになると1つ1つダウンロードするのはめんどうです。それを手軽に、且つオフラインでできる。データ通信容量の節約にも一役買いそうです。

最初にも書きましたが、これが全Android端末にプリインストール、そしてOSに標準の機能になればさらに便利になりますね。現状だとアプリのダウンロードという手間がありますから。

ファイルマネージャーとしても機能が増えて、ESファイルエクスプローラーレベルになってくれればもう言うことなしです。こういった機能はできればOS標準であってほしいものですし。

今後の開発に期待大ですね。

ではでは