ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

次期iPhoneの6.5インチOLEDモデルと6.1インチLCDモデルの画像がリーク

こんにちは!

いよいよ2018年のiPhone発表が近づいてきましたね。と言ってもまだ1ヶ月以上先の話ですけど…。

今回はiPhone Xと同様の5.8インチOLEDモデル、Plusに相当する6.5インチOLEDモデル、廉価モデルの6.1インチLCDモデルの3機種が発売されると言われていますし、それを裏付けるようなリークも続いています。

今回9to5macの報じた内容もそれを裏付けるもの。

9to5mac.com

iPhone X Plus(仮)と6.1インチiPhoneのダミーユニット画像がリークされたってことなんですけれども、ここからだけでも分かることがいくつかあります。

ってことで今回は次期iPhoneのリーク画像についてです。

公開されたiPhone X Plus(仮)と6.1インチiPhoneリーク画像

f:id:pompomponta:20180730205826p:plain

どちらの画像も左の大きい方のiPhoneがiPhone X Plus(仮)で、右が6.1インチiPhoneです。

指紋がバッチリ残ってますな。

まぁ指紋はいいとして、ザッと見た感じ大きくデザインを変えるというわけではなさそうです。

iPhone X Plus(仮)の方がシルバー、6.1インチiPhoneがスペースグレイになるそうです。iPhone XとX Plusにはゴールドが、6.1インチiPhoneにはiPhone 5cのように多彩な色が用意されるとのことですが、6.1インチiPhoneで以前リークされた色を見る限りではぼくの好みではないですね…。

ベゼルはOLEDモデルと比べてLCDモデルのほうが若干大きくなるみたいです。

カメラについて

iPhone X Plus(仮)は当然のようにデュアルレンズですが、廉価モデルになるからか6.1インチiPhoneはシングルレンズとなっています。

f:id:pompomponta:20180730212149p:plain

また、レンズの出っ張りも相変わらずで、薄さとのトレードオフになっています。iPhone X Plus(仮)の方は気持ち現行iPhone Xより出っ張りは小さい気がしますが、6.1インチiPhoneは画像を見る限りではかなりガッツリと出ていますね。

個人的にはレンズの出っ張りはあんまり好きではないです。それならiPhone SEと同等サイズにしてシングルレンズのほうがインパクト強いんじゃあないかなぁと。もしくはiPhone 8クラス。

まぁ現状ほとんどのスマホがこのスタイルですし、設計上仕方がないんでしょう。

それぞれの発売次期は?

発表は例年同様9月中に行われるとのことですが、発売はiPhone X(仮)とiPhone X Plus(仮)は9月中、廉価モデルのほうが遅く11月になると言われています。

LCDモデルに搭載する、ベゼルレスを実現するための特殊なバックライトシステムの製造がかなり遅れておりどうしても9月の発売に間に合わないようで、1〜2ヶ月遅れる可能性がある、つまり11月発売になるかもしれないということです。

なんだかなぁ…

まとめ

正直言って、そこまでして6.1インチLCDモデルをラインナップに加える必要があるのか?という疑問はあります。

まぁただ単にぼくが4インチクラスが欲しいだけなんですけど…。

とりあえず、今回のリーク通りに発表されるのか?それともさらなる隠し玉がAppleにはあるのか?

残り1ヶ月半程でその全貌が明らかになります。

正座してその日を待ちましょう。

ではでは

docomoとau、それぞれのXperia XZ2 Premium発売日が決定!価格やキャンペーンはどうなる?

こんにちは!

docomoとauが取り扱う、SONY Xperia XZ2 Premiumの発売日がそれぞれ発表されましたね。

一時と比べて日本におけるXperiaシリーズの存在感は低下してきたように思えますが、それでも注目度はトップクラス。なんだかんだ言って大本命です。

Xperia XZ2 Premiumは初のデュアルカメラ搭載端末ということもあり、待ちに待った!という方も多いんではないでしょうか?

f:id:pompomponta:20180725202125j:plain

www.sonymobile.co.jpより

スペック等についてはこちらに以前書いてあります。

pontablog.pompomponta.com

ってなわけで今回はdocomoとauでのXperia XZ2 Premiumの発売日と価格についてです。

Xperia XZ2 Premiumの発売日はいつになった?

Xperia XZ2 Premiumはdocomoでは『SO-04K』、auでは『SOV38』となっております。

それぞれの発売日は

  • docomo SO-04K⇒2018年7月27日
  • au SOV38⇒2018年8月10日

とのこと。

どちらも現在オンラインショップで予約受付中です。

それぞれの販売価格とキャンペーンは?

発売日も大事ですが、大事なのは販売価格。それと通信料金の割引による実質価格やキャンペーンも気になるところですよね。

ってことでdocomoとauそれぞれの販売価格と新規・機種変更・MNPでの実質価格を表にまとめてみました。併せて両社のキャンペーンもご紹介します。

docomoの販売価格とキャンペーン

docomoでの販売価格と実質価格はこのようになっております。

  新規契約 機種変更 MNP
端末代総額 112,752円
(1ヶ月あたり) 4,698円
月々サポート −1,890円 −2,592円
実質負担額 2,808円 2,106円
2年間総額 67,392円 50,544円

新規・機種変更とMNPの実質価格の差が約17,000円となかなか馬鹿にできない金額ですね。もちろんキャリアとしてはMNPが1番ほしいところでしょうから、こうしたくなるのも分かるんですけど既存ユーザーとしてはうれしくないですね。

docomoはXperia XZ2 Premium SO-04Kの発売に併せてこんなキャンペーンを行うようです。

f:id:pompomponta:20180725205133j:plain

キャンペーン概要は、期間中にXperia XZ2 Premium SO-04Kの購入者先着10,000名にソニーストアのお買物券を5,000円分プレゼントするよって内容です。

期間は2018年7月25日〜8月31日ですから、つまり今日からですね。予約段階でももちろん適用されるってことですね。せっかく買うなら少しでもバリューがほしいですよね?

なるべく早く予約したほうが良さそうです。

auの販売価格とキャンペーン

auでの販売価格と実質価格はこのようになっております。

  新規契約 機種変更 MNP
端末代総額 108,000円
(1ヶ月あたり) 4,500円
月々サポート -2,250円
実質負担額 2,250円
2年間総額 54,000円

auは新規・機種変更・MNPによる実質価格の差はありません。そういう意味では非常に良心的ですね。また、販売価格自体もdocomoより安いです。

auはXperia XZ2 Premium SOV38の発売に併せて2つのキャンペーンを行います。

まずは予約キャンペーン。

f:id:pompomponta:20180725210652j:plain

キャンペーン概要は、発売日の前日8月9日までに予約をして、新規・機種変更・MNPのどれかで購入と同時に対象のプランに加入することでau WALLET プリペイドカードに3,000円キャッシュバックしてくれますよというもの。

対象プランは

  • auピタットプラン
  • auフラットプラン

で2年契約をする必要があります。

さらに8月31日までにau WALLET プリペイドカードを申し込みが完了してなければなりません。

もうひとつは発売記念キャンペーン。

f:id:pompomponta:20180725211410j:plain

キャンペーン概要は、期間中にXperia XZ2 Premium SOV38と同時にXperia Ear DUOを購入すれば、au WALLET プリペイドカードへ15,000円キャッシュバックしますよというもの。

期間は発売日である8月10日〜8月31日です。

必ず同時購入しなければ適用されませんし、こちらもau WALLET プリペイドカードを8月31日までに申し込みが完了してなければなりません。

どちらのキャンペーンもキャッシュバック時期が9月下旬です。

どちらのキャリアで購入すれば得なのか?

実質価格だけで判断すると新規で購入するならauになりますが、MNPってことであればdocomoに軍配が上がります。

キャンペーンを考えればdocomoよりもauの方が得と感じる人が多いんではないでしょうか?ついでにXperia Ear Duoも購入したいってニーズがあるならより刺さるはず。

少しでも早く入手したいなら約2週間早く発売されるdocomoで予約して購入することをおすすめしたいですね。

まとめ

ぼく自身は別のスマホを購入したので今回Xperia XZ2 Premiumを購入することはなさそうです。なさそうですが、唯一無二のディスプレイを備えたデュアルカメラのXperiaってのはやっぱかなり気になる存在です。

キャンペーンのことなんかも考えると、欲しい人はなるべく早く予約して入手するべきではないですかね?

ではでは

 

Xperia XZ2 Premiumの予約・購入はオンラインショップがおすすめです!

docomo⇒docomo Online Shop

au⇒au Online Shop

HUAWEI P20が届いたよ!これから写真撮りまくるぞー!!

こんにちは!

プライベートとブログ用の写真撮影などなどを完全に分けたいと思い、今月頭からしばらく悩んでいた『HUAWEI P20』

iPhone Xをプライベートや本業で使い、ブログ関連をできるだけ別のスマホで賄うってのをずっとやりたかったんですよ。色々あっていつもできずじまい。

直近でもiPhone X購入のタイミングでそれまで使っていたGalaxy Note 8をそちらにまわそうとしたんですが、ちょうどそのタイミングで嫁さんの使っているXperiaがぶっ壊れちゃった……Galaxy Note 8は嫁さんに献上し、ブログ用スマホ計画は暗礁に乗り上げたわけです。

そこでカメラ機能をメインで考え、そこまで高くなくそこそこスペックもよろしい、ある程度長く使えるスマホを検討し、Zenfone 5Zと悩んだ結果HUAWEI P20の購入と相成ったわけでございます。

f:id:pompomponta:20180723210208p:plain

https://consumer.huawei.comより

せっかくなら某動画サイトでも使えるポイントを利用料金の10%分毎月もらえる方がオトクだなってことでDMMモバイルでSIMとセットで購入しました。

DMMモバイル

というわけで非常に前置きが長くなりましたが、今回は届いた『HUAWEI P20』をチラッとご紹介します。

HUAWEI P20を箱から取り出してみる 

最近の流行りは知らないんですけれど、とりあえず届いたからには開封の儀的なあれをさせていただきたく存じ奉り候。

f:id:pompomponta:20180723211100j:plain

箱・外観です。

ゴテゴテしたデザインでなく、シンプルなのがトレンド的なやつなんですね。

f:id:pompomponta:20180723211226j:plain

蓋を取ると、端末とこんにちは。 

f:id:pompomponta:20180723211514j:plain

端末の下には

  • SIMピン
  • クリアケース
  • スタートガイド
  • ACアダプタ
  • USB Type-Cケーブル
  • ハイレゾイヤホン(端子はUSB Type-C)

が入っていました。

f:id:pompomponta:20180723211815j:plain

背面のカラーはピンクゴールドをチョイスしました。ぼくはピンクが好きなんです。ちょっとグラデーションがかかってるように見えておしゃれでしょ?

f:id:pompomponta:20180723212113j:plain

おもしろいのが、横向きで構えて写真を撮ることを想定してHUAWEIロゴやLEICAロゴが横向きになっていること。ここらへんもなかなかおしゃれです。カメラにどれだけ力を入れているかがこのあたりからも伺えると思います。

f:id:pompomponta:20180723212339j:plain

指紋センサーは感圧式でディスプレイの下部に置かれています。指紋センサーとしてだけでなく、iPhoneのホームボタンのような使い方も可能です。

ちなみにイヤホンジャックはなく、有線のイヤホンを使うならUSB Type-Cに対応したイヤホンを使う必要があります。

SIMスロットは2枚挿しが可能でDSDVに対応しています。が、SDカードには対応していません。その分ストレージ容量は128GBと大容量。クラウドサービスと組み合わせれば必要十分でしょう。

一応今回は末永く使わせてもらうために、フィルムとケースを装着しました。

装着したのはこいつら。

f:id:pompomponta:20180723213547j:plain

ちなみにHUAWEI P20は購入時より、フィルムが貼ってあります。

f:id:pompomponta:20180723214105j:plain

そんなん知らんがなと、最初から言っとけと。P20注文と同時にフィルムとケースも注文しとるがな。

とりあえずこれを一思いに剥がして、

f:id:pompomponta:20180723214231j:plain

購入したものを装着しました。

が、装着直後に写真を撮り忘れておりましたので、先程撮ったものを貼りますね。

f:id:pompomponta:20180723214705j:plain

ケースはTPUの柔らかいクリアケースが好みなので(ちゃんとカラーを主張できる)問題はないんですが、腹立ったのがガラスフィルム。1,500円くらいだったんですが、貼った直後から右側に浮きが発生しており、現在までそれは解消されていません。

f:id:pompomponta:20180723215005j:plain

なにかぼくがミスったのかもしれないし、まぁこのまま使えないこともないんでクレーム入れる程じゃあないんだけど、どうも釈然としません。

しばらくこのままで、どうしても我慢できなくなったら新たに購入します。

カメラ特化のHUAWEI P20。その実力はどんなもん?

HUAWEI P20の実力が知りたくて、昨日ちょこっと散歩ついでに子どもと電車に乗って写真を撮ってきました。

撮影時には自動的にシーンを判断して、最適なシーンを選択してくれるマスターAIをONにし、その他は何もいじらずに撮っています。豪雨のあとは超絶晴れが続いておりまして、ほとんどがっつり日なたでの撮影です。

そのままアップするのでちょっと重くなるかもしれませんがご了承くださいませ。

f:id:pompomponta:20180723221940j:plain

これどなたかの育ててらっしゃるお花。マスターAIで自動的に『草木』と認識して緑を鮮やかに表現しています。ディテールも細かく撮れていると思うんですが、手前の花がボケてます。

f:id:pompomponta:20180723222950j:plain

これぼくとしては打ち捨てられた看板をメインにしてほしかったんですが、マスターAI様は『草木』と判断。逆に世紀末感が増した謎の写真に仕上がりました。

f:id:pompomponta:20180723223219j:plain

西日本ではおなじみのうまか豆。こんなところにあったとは……。

f:id:pompomponta:20180723223418j:plain

若干日陰になっている葉っぱです。

LEICAのレンズとマスターAI様によって多少の日陰は日なたと変わらないというか、こっちの方が色が抑えられていてキレイに撮れてる気がします。『草木』はまじ鬼門。

f:id:pompomponta:20180723223751j:plain

公園の遊具をワイドアパーチャ(ぼかし機能)を使って撮影してみました。

後ろのすべり台系遊具をぼかすことで哀愁が漂ういい写真になってません?違う?

f:id:pompomponta:20180723224440j:plain

公園の入口にあった車止めもワイドアパーチャで。

ワイドアパーチャはあとからでもピントを合わせる位置や絞りを変えられます。

f:id:pompomponta:20180723225017j:plain

HUAWEIユーザーにはおなじみの機能なんでしょうけれど、これはおもしろいですよね。

f:id:pompomponta:20180723225243j:plain

ワキガメンにはぜひおすすめしたい、ぼく愛用のデオナチュレソフトストーンもこの通り。

暗所での撮影はお手の物です。 

まとめ 

極めて雑ですが、初っ端はこんなかんじで勘弁してください。

次の週末にでも広島市内中心部を撮影してくる予定です。ついでに家族サービスもできるもんね。

ザッと撮影してみた感じだと、ちょっと期待はずれ感があります。もうちょいぼく自身がうまくならないといけないのもあるんですが、ちょっと色ドギツすぎね?って。

マスターAIにどこまでおまかせしていいものか?これを計るのもそうですが、そもそもおまかせしなかったらぼくなにもできなくね?っていう致命的な弱点を気づかないふりしてがんばってみます。

ついでにDMMモバイルでSNSフリーオプションをつけたので、SNSにも注力していきたいです。

ではでは

 

HUAWEI P20を格安SIMで購入するならぜひぼくと同じDMMモバイルで!

DMMmobile

DMMモバイル