読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

次のメイン回線のMNP先はY!mobileとUQモバイルどっちがいいだろう?

キャリア キャリア-Y!モバイル

こんにちは!

LINEやFace Timeオーディオで済んでしまう今日このごろ、皆さんは最近スマホで電話ってしてますか?

ぼくはと言えば問い合わせマニアなので様々なところへことあるごとに電話で問い合わせていましたが、言ってみればそれだけ。家族間や友人間で『通話したい』ってときにはLINEやFace Timeオーディオでやっています。

f:id:pompomponta:20170214203218j:plain

プライベートはこれで全然OKなのです。プライベートは。

今度就職した会社では、社員ケータイは持たせてもらえませんが仕事中の電話は格段に増えました。社内間の連絡は基本電話。通話時間は短時間。通話料、自分持ち。

現在、楽天モバイルを契約中のぼくとしては、20円/30秒(税別)の通話料金が毎回かかるのはツラい。

『じゃあ5分間通話無料のオプションに入ればいいんじゃね?』

⇒楽天モバイル料金ページ

って思われるでしょうが、これは専用アプリが必要なのです。

イチイチそれはめんどうです。めんどうは嫌い、ぼくはそういう性格なのです。

通話アプリからそのままスパッと電話したいんです。

それに楽天モバイルには実際の速度に大いに不満があります。下関市から広島市に引っ越してもそれは変わりません。むしろ職場付近だと下関市よりも遅く感じます。せっかちなぼくには耐えられません。イライラしすぎてiPhone7 Plusが二つ折りになってしまいかねません。自宅付近も当然ヤバい。

折しも今年の4月で楽天モバイルにMNPして13ヶ月となります。であればこの機会にそもそものプランに無料通話が組み込まれていて、且つ速度が速いと評判の会社にMNPしたい……そんな風に思ったわけです。そしてdocomo回線以外にしたい。

となると必然的に選択肢は『Y!mobile』と『UQモバイル』の2社になります。

ではどっちがいいんでしょうか?今回はそれを考えてみました。

Y!mobileとUQモバイル、MNPするならどっち? 

今回ぼくが検討している2社はどちらも無料通話があります。

これが非常に大事。

そして、通信速度も結構評判がよいわけです。当然場所によるでしょうし、Y!mobileは基本的に不安、UQモバイルも4Gのみということでエリアに対する不安はあります。

ですが、職場ではSoftBankを契約している方がいますし、社内ケータイがY!mobileです。電話をしてもあまり問題はありませんからY!mobileはそこをパスできると考えていいでしょう。対してUQモバイルはどうかと言うと、こちらもau、もしくはUQモバイルを契約している方が大勢います(多分UQモバイルはほとんどいないだろうけど)。通話をする機会もかなりありますが、基本的に問題はないですからこちらも大丈夫そうです。

となると問題になるのは、プランの中身となってきます。

通話をメインと考えればやはりY!mobile?

まずはY!mobileとUQモバイルのプランを比べてみましょう。

最近のぼくのデータ通信量だと、1GBでは絶対に足りませんし、2GBでも厳しい。となると契約するべきプランは3GB以上のプランになります。幸いにも両社のプランは似ていますから、3GBのプランを表にしてみました。

  Y!mobile UQモバイル
月額料金 3,980円(-1,000円) 3,980円(-1,000円)
データ容量 2年間実質6GB 2年間6GB
2倍期間 2年間 2年間
無料通話時間 10分 5分
回数 無制限 無制限
割引期間 1年間 1年間
データの繰り越し 不可
3日間規制の有無 無し 有り(6GB以上)
契約期間 25ヶ月 25ヶ月

太字で赤色の部分は各項目で優れている方です。

まず1番に考えたいところは通話についてです。

となると、社内ケータイがY!mobileですし、しかもY!mobileだと元々が10分の無料通話がありますから、別キャリアの方との通話が発生しても問題はなさそうです。さらに通話と通話時間が多くなれば『誰とでも定額』があります。

その次に考えたいのがデータ通信についてです。

どちらも2年間はデータ通信容量が2倍と謳っていますが、Y!mobileは契約プランのデータ通信容量を超えるとその都度手続きが必要になります。そこらへんがちょっと面倒ですよね。そこではUQモバイルに軍配が上がります。

また、データ容量の繰り越しが可能なのもUQモバイル。6GBを完全に使い切らない場合は翌月に回せますので、実質的に相当なデータ通信を行うことができます。

が、3日間制限があるのもUQモバイルです。といっても6GBですから、大して影響はないレベルだと思いますけれど。

ふーむ…どちらがいいのかな?

やっぱり大事なのは通話。現状だとY!mobileかなぁ…

通話で余計な料金がかかるのは避けたいところ。となると無料通話時間が10分のY!mobileにするべきじゃあないかな?ってのが今のところの考えです。『誰とでも定額』があるのもデカい。これがある意味保険になっていますから、今後通話が激伸びしたとしても安心できます。

エリアも現状では問題なさそう…とくれば現状の最適解ではないかと思われます。

データ通信についても、ようやく光回線が開通したので自宅ではWi-Fiで通信できますし、通勤+職場での通信のみとなります。3GB以上使うことなんてめったにないですし、たまにあるくらいならデメリットとは言えません。

13ヶ月以降は3,980円になりますけど、現状の楽天モバイルでもそのくらいなんですよね。理由はなんだかんだ通話が多いから。であれば通話が10分無料でデータ通信容量も3GBあるY!mobileでぼくのメイン回線には必要充分では?と思うわけです。

さらにY!mobileの契約期間中は、ぼくにとってアツいYahoo!プレミアムも無料になりますから実質500円程度安くなります。 

pontablog.pompomponta.com

なんだ…元から一択じゃない。 

まとめ

考えます!とか言いながらそこまで考えていませんが、一応の結論はでました。よかったよかった(・∀・)

4月の半ばにならないとiPhone7 PlusがSIMロック解除できないので、それ以降になりますが、少しでもラグなくMNPできるように動いていく所存です。

皆さんも、月額料金の安さ、だけではなく、実際にどれだけの料金になるのか?ってところから見直してみることをオススメします。

ではでは

 

Y!mobileオンラインショップはこちら

ワイモバイルオンラインストアはこちら

SONYがMWC2017で新Xperiaを発表!その名も『Xperia ZX Premium』これはヤバいな…世界よ、これがSONYだ!!

スマホ スマホ-Xperia

こんにちは!

SONYと言えばフラッグシップスマホのスペックが1周遅れ…最近では1周遅れは言い過ぎかもしれませんが、それでも他社よりはスペックの劣るフラッグシップモデルを発表していました。

そりゃあね、スペックだけじゃあないよ?でも、他社はXperia以上のスペック、Xperia以上の機能、それでいてXperia『以下』の価格ってのも多く、なんだかなぁ…とSONYファンは悶々としたものです。

そんなSONYが…!!そんなSONYが…!!!!!

最新且つ最高スペックのスマホを発表したのです。

その名も『Xperia XZ Premium』

Xperia Z5 Premiumと同じ、『Premium』が付くだけに(?)4Kディスプレイです。

f:id:pompomponta:20170227203508j:plain

これは…マジで欲しい。

欲しいを20回は言わないとホントに買わないぼくでもいきなりほぼ購入確定スマホになりました。

2017年最強スペック?!Xperia ZX Premium

上でスペックが全てではない…というようなことを書きましたが、やっぱりスペックは大事。むしろ1番大事。

『Xperia ZX Premium』はこれまでのXperiaでは考えられないほど最新かつ最高のスペックになっております。

  Xperia XZ Premium
OS Android 7
SoC Snapdragon 835
8コア
RAM 4GB
ROM 64GB
ディスプレイ 5.5インチ
2160×3840 4K
メインカメラ 1900万画素
インカメラ 1300万画素
防水・防塵
カラー ディープシーブラック
ルミナスクロム

珍しく最新Androidバージョンに最新SoC、そして5.5インチと大きめのディスプレイですが解像度は4K。これだけで心が躍る。SONYがマジメにやってくれた!!

表面的なスペックだけでこれです。でも、これだけじゃあないんです。

カメラが圧倒的な進化。最大960fpsのスーパースロー映像も撮れちゃう。

世界初だらけな今回の『Xperia XZ Premium』、当然SONYが誇るカメラも世界初な機能を備えています。

まずはSONYのニュースリリースからどうぞ。

世界初(*1)、最大960fpsのスーパースローモーション機能を搭載しました。新規開発されたPredictive Capture(先読み撮影)機能では、被写体の動きを検出すると、自動的に最大4フレーム分の画像をバッファリングし、シャッターが押される直前の画像も記録することで、決定的な瞬間を捉えます。これらは、新たに有効画素数約1,900万画素のメインカメラとして搭載した、Motion Eye™ (モーションアイ)カメラシステムにおいて、新開発のメモリー積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS®(エクスモア アールエス) for mobileを採用することで実現しています。

ニュース&トピックス | 会社情報 | ソニーモバイルコミュニケーションズより 

おぅふ…ぼくの説明いらんやんけ。

こちらの動画では視覚的に分かりやすく表現されています。

youtu.be

youtu.be

Predictive Capture(先読み撮影)機能は非常におもしろいですね。バーストモードで撮った写真から選ぶってわけではなく、シャッターを押す前に自動的に撮影をしておいてくれるって機能ですから。カメラを構えて撮ろうとしても、タイミングが合わずなかなかシャッターを押せないことってありがちです。子どもを撮るときや動物を撮るときなんて特に。

そういったときにある程度自動で補完してくれる機能ってことですね。

最大で960fpsのスーパースローモーション機能もぜひ体験してみたい。例えばiPhone7 Plusのスローモーション機能は240fpsです。これでも結構遊べます。それが960fpsになるわけです。『Xperia XZ Premium』があれば、スマホだけで『生きもの地球紀行』撮れちゃうレベルですよ。

世界初の4K HDRディスプレイ搭載でサイズは5.5インチ 

こちらの動画をご覧ください。これがほんとなら鮮やかすぎてむしろ目が悪くなりそうです。

youtu.be

えっ?まじで??ってレベルでキレイです。鮮やかです。これぞOne SONY。素晴らしいです。

進化したカメラと相まって、最高のスマホライフを約束してくれることでしょう。

さらにAmazonプライムを登録している人には朗報。SONYとAmazonの協業により、モバイル向けとしては初めてとなる4K HDRコンテンツが配信されるそうです。Amazonプライムマンは『Xperia XZ Premium』を買いましょう。

ただなぁ…5.5インチはデカいよなぁ…持ちにくいよなぁ…

と、思ったそこのあなたっ!!

こちらのハンズオン動画を観れば幅はXperia XZとほぼ変わらないことが分かります。

youtu.be

同時に発表された『Xperia XZs』はXperia XZのマイナーチェンジ版。ブラッシュアップされただけで、サイズはXperia XZとほとんど変わりません。その『Xperia XZs』と並べても、ちょっと縦に長いだけなんです。幅や厚さはほぼ変わらないんですね。

女性並に手がちっちゃいぼくでも、Xperia XZは非常に持ちやすいサイズでした。もちろん持ちやすさに材質的なものもありますけれど、サイズ自体問題なかったんですよね。縦に長い分、多少指が攣りそうになるかもしれませんけど、幅や厚みが違うよりは影響が少ないですよね。

ふむ…どうしよう。欲しい気持ちが抑えられなくなってきたぞ!!

最新SoC『Snapdragon 835』がおかしいレベル

今回『Xperia XZ Premium』に搭載される『Snapdragon 835』は下り最大で1Gbpsに対応しています。1Gbpsて……誇張抜きに光回線と同等です。我が家に導入予定のドコモ光が1Gbpsですからね。

当然まだこの速度を体験することはできないですが、それでも夢が広がりングです。

処理速度?分からん。

気になる方はこちらの記事を読むべし!!

www.itmedia.co.jp

外部端子接続がUSB 3.1 Type-Cに対応で使いやすさもアップ!

Xperia XZではUSB Type-Cながらも2.0でしたが、今回の『Xperia XZ Premium』と『Xperia XZs』でUSB 3.1 Type-Cに対応しています。

これでPCとのデータ転送も圧倒的に速く(最大5Gbps)なりますね。今後USB 3.1、もしくはその上の規格が主流になっていくわけですし、現在主流のUSB 3.0の速度もスポイルすることなく使えます。

これは単純に使いやすくなりますね。

外装は磨き上げられているがゆえに指紋が…

ハンズオン動画をいろいろ観てみましたが、Xperia Z5 Premiumと同じく鏡のようにキラッキラしています。それ自体はかっこいいですけども、問題は指紋ですよね。指紋はマズい。見た目が汚くなります。

ケースが必須になりそうですね。

ぜひともバカ売れしてもらってケースが大量に作られるようになって欲しいものです。

まとめ 

これは絶対に買います。

ネット環境がないアパートに引っ越して約3週間、これから引っ越す人に言いたいのは『引っ越す前にネット環境を整えるべし』

キャリア キャリア-光回線 ブログ ブログ-ブロガーとして

こんにちは!

広島に引っ越して約3週間が経ちました。

これまでレオパレスに住んでいたり、元々ネット環境の整っていた実家にいたものですから、全くネット環境について無頓着だったぼくは、1月末に慌ててドコモ光に申し込みdocomoのプランを『シェアパック5』から『ウルトラシェアパック50』に変更しました。

f:id:pompomponta:20170226183248j:plain

一般的なネットユーザーであるぼくは50GBも必要ないかなぁ…と思い、当初は『シェアパック15』にしようとしていましたが、余裕を持って使いたいと『ウルトラシェアパック50』に変更することにしました。

結果としてそれは思惑通りになりました。

Macの使用はかなり抑えていたのですが今月のデータ使用量は15GBは突破しました。

当然PS4もネットに繋いでいませんし、Macを除く各デバイスはモバイルネットワークのみの使用でです。ですからアプリの更新もほとんどせず、先日実家に帰って今月初めてまともにアプリを更新しました。

一般的なネットユーザーであるぼくがさらに使用を控えてこの結果ですから、普段意識せずにどれだけ使っているのかを改めて考えさせられました。

とは言えどう考えてもこれはぼくの怠慢が原因です。

ですからこれから引っ越す人にはぜひ最優先でインターネット回線を整えていただきたいと思い、この記事を書くことにしました。

2月のデータ使用量を確認して愕然。ネット環境は最優先で整えるべし

この記事を書いているのが2月26日です。広島に引っ越してきて約3週間といったところ。

1月末にdocomoのプランを『ウルトラシェアパック50』に変更し、ドコモ光に申し込みました。工事日は3月初め。それまでぼくはモバイル回線のみで生きていかねばなりません。

現在docomo回線を使用しているのは2台。

  1. Xperia Z4
  2. iPad Pro 9.7インチ

です。

Macに関してはXperia Z4のテザリングで運用しています。

PS4はネットに繋いでいない状況で、

  • Macのテザリング
  • Xperia Z4の普段使い
  • iPad Pro 9.7インチの普段使い

この3パターンでぼくは使っています。

Macのテザリングはブログ更新したり、調べ物したり、1日1回(稀に2回になることも)の自慰…もとい示威行為です。誰に対しての示威かは知りませんけど。Xperia Z4はブログ関係のメールなどをこちらに集約しており、業務用的な使い方。iPad Pro 9.7インチは新聞読んだり、dTVやdアニメ鑑賞に使用しております。

これで今月のデータ使用量は27.58GBです。

f:id:pompomponta:20170226200701j:plain

『シェアパック15』にしていたらと思うと……脳が、震えます……

シェアパック5とウルトラシェアパック50の料金の差がデカい

これまで契約していた『シェアパック5』と、現在契約している『ウルトラシェアパック50』ではどのくらい料金の差があるのでしょうか?

ちなみにdocomoでは『ずっとドコモ割』という割引サービスがありまして、契約期間と契約データ容量に応じて割引されます。妻が10年以上契約していますので、ウチではそこそこ割引額が大きいです。というわけで今回は割引料金で計算してみます。

  • 『シェアパック5』5,900円(割引前6,500円)
  • 『ウルトラシェアパック50』14,800円(割引前16,000円)

f:id:pompomponta:20170226193606j:plain

料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」 | 料金・割引 | NTTドコモより

14,800円‐5,900円=8,900円!!

8,900円もか…(´・ω・`)恐ろしや…な金額です。もしちゃんとネット回線を整えていたらこんな金額を払う必要はなかったのに…。

ドコモ光を早めに手続きしていれば便利に安く使えていた

例えばぼくは今回ドコモ光をマンションタイプのタイプAで契約しました。

固定電話は妻からなぜか猛烈に反対されて付けてません。長男が小学校に入学したら必要になるかと思ったのですが、どうもイマドキはLINEグループで連絡網を回すらしいですね。時代は変わったものです。

ですから月額4,000円(税別)となるわけです。

f:id:pompomponta:20170226194949j:plain

料金プラン | ドコモ光 | NTTドコモより

ということはですよ。『シェアパック5』で契約していれば4,000円+5,900円=9,900円で、『ウルトラシェアパック50』を契約している現状の料金との差は14,800円‐9,900円=4,900円です。4,900円も損していたのですね……。

ドコモ光とのセット割を抜きに、単純に考えて先月のぼくまじでバカヤロウだ。

どのキャリアでもセット割的なものがあるし、引っ越しが決まったらすぐに手続きを始めるべし

今はdocomo、au、SoftBankのどこで契約していても光回線のセット割があります。

さらにMVNOにだってセット割がありますから、引っ越しが決まったらすぐに手続きをすることでぼくのように無駄金を払う必要がなくなります。

一般的なネットユーザーであるぼく(何度目だ)ですら、控えめに使って20GBを大きく超えているわけですから、ぼくよりちょっとでもヘビーなユーザーだともしかしたら50GBでも足りないかもしれません。

例えばdocomoではセット割でこのようになります。

f:id:pompomponta:20170226201314j:plain

料金プラン | ドコモ光 | NTTドコモより

四角で囲った部分を見てもらえれば各データプランごとの割引額が分かります。

ドコモ光とセットで契約するだけでこのような恩恵があるわけですから、契約しないだけ損ですね。

ぼくはドコモ光をウェブで申し込んだんですが、目立ったキャッシュバックはありません。それでもドコモポイント10,000ptもらえたり(まだ付与されていませんけども)、データプランを契約していれば追加で5000ptもらえたり、工事費用が無料だったり、他にもプロバイダによっては様々な特典があります。

ぼくが契約したプロバイダはGMO。ほんとにトクトクなのか、ドキドキ……

ぼくが契約したプロバイダはGMOです。基本的になにかやらかしてくれそうな雰囲気で非常に不安なんですけどね……笑えるくらい遅い速度だったらどうしよう……。ネットで評判を調べると、『速くて快適!』って書いてあるんですが、99.9%アフィリエイターの宣伝なので全く参考になりません。

とはいえ契約しちゃった以上もうこれは開通してから判断するとして、なんでGMOにしたのかというと、Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるからなんですね。

f:id:pompomponta:20170226202500p:plain

ドコモ光のおトクなキャンペーン | 速いドコモ光なら GMOとくとくBBより

くれるんじゃなくてレンタルってところが非常に気になりますけど(※最低利用期間37ヶ月)、とりあえずしばらく引っ越す予定もないしまともに使えるならプロバイダを変更するつもりもないので結構これはデカい。

無料レンタルできるのはBUFFALOの『WXR-1750DHP』ってルーターです。

Amazonでの価格も10,000円超えてるし、そこそこ良さげ。これが無料なのはぼくにはホントにありがたいです。いま実家に置いてあるルーターはもう死にかけておりますゆえ。

GMOがいい意味で期待を裏切ってくれることを切望しております。

まとめ 

ネット環境を整えていなかったのは痛恨のミスでした。

せっかく発売日に購入したゲームも積まざるを得ない状況です。なんてこったい!

引っ越しを控えている皆様におかれましてはぼくのようなミスをしないようお気をつけくださいまし。

ではでは