ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

Galaxy Note 8とiPhone 8 Plusの写真比較【夜編】広島クリスマスイルミネーションを撮ってみました

こんにちは!

カメラに全く詳しくないけれど、写真を撮るのがなんだかんだ好きでどこかに出かけたらスマホでとりあえずパシャパシャと撮ってしまうことが多い…これ現代人の大半が当てはまると思います。

もちろんそれ以前からカメラに造詣が深く、スマホで撮るなんて邪道!って方や、スマホで撮影からカメラ自体にハマっていった方も多数いらっしゃるでしょう。

ぼくは思いっきり前者に当てはまるわけでして、自分でデジタル一眼レフ等を買うつもりは毛頭ありません。が、スマホだとなんだかんだ気軽なもんで、とりあえずパシャパシャと撮っています。

そのため、カメラについては画像のキレイさもですが、気軽にサクッと撮れるってのも重要視しています。キレイでもカメラアプリの立ち上がりが遅いとかってのはゴメンですからね。そういった意味ではiPhoneシリーズの撮影の気軽さはもう芸術の域に達していますよね。iOS自体が使いやすいというのはもちろんですけれど、カメラの使いやすさがiPhoneの魅力のかなりの部分を占めるといっても過言ではないはずです。

対してAndroidスマホはどうでしょうか?

iPhoneのように単一機種ではないだけに、ソフトもハードもどちらも各社特色を出してきます。カメラモジュールが同じでもソフトウェアで変わりますし、カメラは最近最も注目される機能です。何よりiPhoneのカメラが優れているわけですからそれに対抗するために1番力を入れている機能とも言えますよね。

実際のところカメラ性能のベンチマークサイトでは、iPhoneが大抵トップ付近にはいるものの、トップはAndroidスマホであることも多いですね。

こちらでは現在Google Pixel 2が1位になっています

Mobile Reviews - DxOMark

どちらもぼくが所有しているiPhone8 PlusはGalaxy Note 8と同じ94点で並んでいます。では、この2台で同じ構図の写真を撮って、比較してみたらどうなるんだろう?って疑問を抱くのは当然ですよね?というわけでそれぞれ撮ってきました。

f:id:pompomponta:20171126190950j:plain

今回は時間的な余裕やら家族サービスやらを色々勘案の上、年末に向けて広島でも始まったイルミネーションを撮ってきました。といっても諸事情であまり歩き回ることができなかったので、広島市内で1番有名な平和通りではなく、バスセンターすぐ側のパセーラにあるクリスマスツリーイルミネーションを撮ってきました。

Galaxy Note8とiPhone8 Plusの写真比較! 

この季節は昼間に出かけて写真を撮るってのはもちろん、夜のイルミネーションを撮影するってシチュエーションが非常に増えますよね。

いわゆる『インスタ映え』とやらを考えてってのもあるでしょうし、なによりやっぱ単純にキレイな風景は残しておきたいもの。ひと昔前ならいざしらず、最近のスマホだと夜の撮影も快適です。

そしてぼくの手元にあるのは現行スマホの最高クラスのカメラを搭載するGalaxy Note8とiPhone8 Plus。この2台の上には3機種しかベンチマーク上存在していません。

では果たしてGalaxy Note8とiPhone8 Plusはどれだけイルミネーションをキレイに撮影できるのでしょうか?

問題はぼくの撮影技術がヒドいってところなんですけれども、これをどれだけカバーしてくれるのかも注目ポイントです。

ちょっとしたイルミネーションから

ではGalaxy Note 8で撮った写真からご覧ください。

f:id:pompomponta:20171126171305j:plain

お次はiPhone8 Plusを。

f:id:pompomponta:20171126171521j:plain

Galaxy Note8はデフォルトでディスプレイと同様の18.5:9という縦横比なんですが、iPhone8 Plusでは4:3にしておりました。それを全く変更せずに撮ってしまったため、画像の大きさが変わっていますが、ほぼ同じ場所から撮影しております。

白ボケ防止のため、撮影の都度レンズを拭いたんですけれど、それでもiPhone8 Plusの方は白く光っている部分が弱いですね。基本的にボケています。

それ以外の部分は違いがぼくには分からない…。

クリスマスツリーはどちらがキレイに撮れたのか?

ではクリスマスツリーの撮影はどうだったのでしょうか?

何パターンか色の違うツリーを撮ったのでGalaxy Note8とiPhone8 Plusをそれぞれの色で比べてみましょう。

f:id:pompomponta:20171126174948j:plain

Galaxy Note8で撮影

f:id:pompomponta:20171126175642j:plain

iPhone8 Plusで撮影

この2枚を比べてみると、より明るいのがiPhone8 Plusですよね。全体的に明るいのでクリスマスツリーが目立たないって言えばそうなんですけれど、こちらのほうがパッと見キレイです。Galaxy Note8は光っている部分でもボケずに撮れてるんですけど、なんだかその分暗さが目立ちます。よく言えばコントラストがハッキリしてるってとこでしょうか。

f:id:pompomponta:20171126175002j:plain

Galaxy Note8で撮影

f:id:pompomponta:20171126180508j:plain

iPhone8 Plusで撮影

こちらでもイメージは変わらずですね。やはりiPhone8 Plusの方が明るく撮れています。ただ、光っているところがボケるのも変わらずで、一長一短といったところ。

近寄って撮影してみると…

上の写真はちょっと離れて撮影したものなんですけれど、これが寄ったらどうなるんでしょうか?

f:id:pompomponta:20171126180821j:plain

Galaxy Note8で撮影

f:id:pompomponta:20171126180839j:plain

iPhone8 Plusで撮影

背景を見ると、やはりiPhone8 Plusの方が明るいんですけれど、光っている部分はボケボケです。それぞれの色をしっかり表現できているのはGalaxy Note8の方ですね。

背景にある『DIESEL』の文字なんかだと余計に違いが分かります。その分、暗くて潰れている部分もGalaxy Note8にはありますから、全体を写真に収めるってところではiPhone8 Plusに軍配が上がりますね。

イルミネーションではないんだけれど…

イルミネーションではないのですが、帰りに広島駅で撮った高層マンションをご覧ください。ちなみにこのマンションは駅の目の前で1階にビックカメラが入っているという恐ろしく便利なマンション。突然電球が切れても安心です。価格は知りません。

f:id:pompomponta:20171126181730j:plain

左がGalaxy Note8で右がiPhone8 Plusです。

Galaxy Note8は多少光で白くなっていますが、iPhone8 Plusはヒドい。

撮りたいものにしっかりと合わせて撮れるってところではGalaxy Note8の方が圧倒的に優れている印象です。

次は家で撮った暗所での撮れ方です。

モデルは一部では着ぐるみとも言われている某熊です。暗所とは言いながらも最初は蛍光灯を点けた状態での撮影です。

f:id:pompomponta:20171126183607j:plain

左がGalaxy Note8で右がiPhone8 Plusですけれども、実際の色を正確に写しているのはGalaxy Note8なんですよ。対してiPhone8 Plusは、暖かみをプラスしたような色合いで若干濃く写っています。

某熊のテーマとも言える『ほっこり』をより表せるともいえますね。

んで、電気を消した状態での撮影です。

f:id:pompomponta:20171126184234j:plain

こちらも傾向は同じですね。

より正確な色はGalaxy Note8に軍配が上がりますが、『ほっこり感』で言えばiPhone8 Plusです。

ただ、どちらも暗い場所でさらに撮れ方に違いがあるとはいえ、やはり非常にキレイに撮影できていますね。

まとめ

いきなりここまでの文章をぶっ飛ばしますが、写真の違いってなかなか分かりにくいですよね。

パッと見キレイでサッとアプリが立ち上がるんであればもう全部一緒。こだわりたいならデジタル一眼レフ買っちゃいなよというレベルで撮影できるようになっていますもんね。

ローエンドモデルならいざしらず、Galaxy Note8やiPhone8 Plusなどのハイエンドモデルならもうどれでも満足できるレベルになっています。

あとは色味の違いによる好みや、1番見返すことになる各デバイスのディスプレイがどれだけキレイに見えるかって問題でしょう。

ぼくがヘタすぎてあまり参考にならないかもしれませんが、それでも少しでもカメラ性能で迷っている人の参考になれば幸いです。

ではでは

 

Galaxy Note8はdocomoとauから、iPhone8 Plusはdocomo、au、SoftBankから販売中です。購入はおトクなオンラインショップからどうぞ。

docomo

docomoオンラインショップ

au

au Online Shop

SoftBank

SoftBankオンラインショップ

待ちに待ったGalaxy Note 8 SC-01Kが届いたよ!開封の儀とちょっとだけレビュー!!

こんにちは!

ついに届きました!!何がって?

そりゃもちろんGalaxy Note 8ですよ!!

pontablog.pompomponta.com

ある日Qiでの充電について調べていたら、当然のようにぶつかったGalaxy Note 8。初スマホがGALAXY Noteだったぼくにとって、これが欲しくなるのは必然であったと言えます。上の記事の最後に書いたように、すぐに機種変更の手続きを取りました。

届くまでにかかる日数は約1週間。楽しみで楽しみで眠れなかったぼくは毎日遅刻ギリギリの出勤を余儀なくされました。

命を削りながら待って、ついに我が家に届きました。

妻の稟議を通さずに勝手に注文したのですが、ニコニコと郵便配達員から荷物を受け取るぼくに妻は何もいいませんでした。もはや諦められていることは明白。

というわけで今回は開封の儀の模様をお送りいたします。

Galaxy Note 8 SC-01K開封の儀

では早速始めます。

まずは外箱から。

f:id:pompomponta:20171122224448j:plain

光がなんだか変な当たり方してるんで伝わらないかと思いますが、これ実際はもっとシックな色で、Note8の文字ももっと違う色なんですよ……まじヘタですまんです。

f:id:pompomponta:20171122224636j:plain

左側面にはGalaxy Noteシリーズを象徴する『Sペン』が意匠されています。オシャレ。

箱を開けると……

f:id:pompomponta:20171122225418j:plain

またさらに箱。マトリョーシカ作戦です。

f:id:pompomponta:20171122225501j:plain

これを開けると、ようやくご対面です。伝わりにくいとは思いますが、この箱は中も外も質感がかなりよく、高額ハイエンドモデルらしい満足感があります。

Galaxy Note 8を取り出すと下には付属品の数々が入っています。

f:id:pompomponta:20171122225713j:plain

ってか入りすぎててもうわけわかんなくなるレベルなんですが、SIMピンやクリアケースにテレビアンテナケーブル、AKGのイヤホンにデータ移行用の諸々にSペンの交換キットですね。MicroUSBのType-Bケーブルが入っているんですが、これはデータ移行に必要になる場合もあるためです。SAMSUNGの優しさ的な。

Galaxy Note 8を見ていきます。購入した色はゴールドです。

f:id:pompomponta:20171122230150j:plain

正面はホントにカッコいいと思うんですよ。今年の最優秀デザインと言っても過言ではないレベルで。

f:id:pompomponta:20171122230517j:plain

上部にはインカメラや虹彩認証用のセンサーが。流行りの全面ディスプレイですが、iPhone Xのような凹みはありませんのでこのセンサー類を置いてある分だけ、多少ベゼルはあります。

さて、背面を見てみましょうか。

f:id:pompomponta:20171122230321j:plain

うーん……まぁ写真だとかなり金ピカに見えますけれど、さすがにここまでではないです。とは言えですよ。悪い意味でロボコップみたいなデザインですよね。端的に言うとダサい。

f:id:pompomponta:20171122231107j:plain

この部分にデュアルカメラと指紋センサーがあります。

f:id:pompomponta:20171122231159j:plain

下側には、イヤホンジャックとUSB Type-Cコネクタ、マイクと残念仕様なモノラルスピーカーにSペンがあります。

f:id:pompomponta:20171122231415j:plain

SIMトレーはキャリア仕様ということもあり、microSIMとmicroSDカードがそれぞれ1枚ずつ挿入できるようになっています。ただ、SIMの部分はほとんど置くだけでいいんですけど、microSDカードが入れにくいこと入れにくいこと。置くだけ、ではなく、ギュッと押し込んで嵌めるかんじ。それもギュギュギュってレベルで入れないといけないんで、なんだかぶっ壊してしまいそうでビビリました。これなんとかしたほうがいいと思ふ。

外観で残念だった点

背面デザインは先ほども書きましたが、それはある意味織り込み済みで確認したようなものです。

問題は最初に貼ってある保護フィルムを剥がしてから。上の写真には貼っていないですけれど、本体背面にIMEIやらが書いてあるシールが貼っていました。

  1. 保護フィルム
  2. シール
  3. 本体

って状態になっていたんですね。

このシールを剥がすと、めちゃめちゃテープ痕が残ったんですよ。

f:id:pompomponta:20171122232539j:plain

必死で拭いてなんとかなったんですけれど、普通に剥がしてこんなのが残るってのはちょっと値段を考えたらありえません。テープ痕が残るようなシールを使うような価格設定ではないのでは?

細かいことかもしれないですけど、こういうちょっとしたことがブランド価値を損ねることになるんじゃないかと思いますけどね。

純正ケースを着けた、でも……

 

フィルムは貼らなかったんですけれど、とりあえずケースは着けてみました。それもSAMSUNG純正。色もゴールド。端末カラーにちゃんと合わせましたよ。

f:id:pompomponta:20171122233927j:plain

Oh…

f:id:pompomponta:20171122234008j:plain

おお……

とりあえずこれ金ピカすぎます。まるでフィクションに出てくる成金が持ってるサイフですよ。

知り合いの中国人に見せたら、「カッコいいね!!」とのこと。中国人はゴールド好きなんですね。

とは言え、これはかなり高機能なフリップケースでして、閉じた状態でAlways On Displayと同じように時計や通知を表示してくれるし、電話もできます。さらに純正品らしく寸法はカンペキだし、物理ボタンやSペンを全く阻害しません。触ってみての質感も非常にいいし、横置きスタンドとしても使えるという最高仕様です。

惜しむらくはぼくの色選択ですよ。

海外版も含めたカラー展開なので、日本向けを購入しても様々なカラーが楽しめます。

金額は6,000円以上なのでなかなかな値段設定ですが、お値段以上の機能があります。

感想(ちょっとだけよ……)

これをGalaxyに言うのは失礼かもしれませんが、やはり圧倒的な動作のキビキビさとスムーズさですね。さすがandroidの雄です。引っかかることはほぼありません。

Sペンも非常に使いやすいし、Sペンを取り出してからの動作もある程度ユーザー好みに決められますから、機能を全開放するも良し、制限かけるも良しです。

というか、Sペン以外の設定も多すぎるってくらいにあります。その分ユーザーが自分専用端末を作れる喜びもあるかもしれない反面ちょっとめんどくさい。まぁそのままでも全く問題なく使えるように味付けされてるので大した問題じゃあないですけどね。

初めての6インチ超のディスプレイなので、正直どうなるかと不安(主に指の長さの面で)でしたけれど、iPhone8 Plusと大して変わんないかな?縦長だけどその分つかみやすいのでしっかり保持できるからだと思われます。

ディスプレイも超絶キレイ。カメラの性能も凄まじいのですが、ディスプレイに映るカメラで撮影した画像が果たしてホントにキレイに撮れているのかどうかの判断がぼくにはできません。それほどWQHDの有機ELディスプレイはキレイです。

ディスプレイのエッジ部分には優良アプリ『SwipePad』

のような機能もあり、とても使いやすいですね。

そもそもの発端であるQiによる急速充電についてですが、これはおかしい。いい意味でおかしい。通常のスマホにおける有線での充電以上の早さでグイグイと充電されていきます。

職場用にもう1つ買おうかな……。

気になったところ

だけど気になったのが、指紋認証の精度とセンサーの位置。

androidスマホの指紋認証はXperia X Compactでしかほとんど体験していないんですけれど、iPhoneのTouch IDよりも遥かに高速な認証速度に感動していました。だからandroidの指紋認証にいいイメージしかなかったんですよ。ところがGalaxy Note 8はひどい。1回で認証成功することはほぼありません。さらにセンサー自体が大きいのに、指で全部覆ってくれとか抜かしよる。ムリですって。

センサーの位置はもう頭がおかしいですね。タダでさえ6インチ超の大型筐体なのに、縦長なわけですよ。それなのにセンサーは半分より上に位置しているってバカでしょ。精度の低さと相まって指がもげるわ。それでも左手の指ならまだ良くって、右手の指で認証しようとすると高確率でカメラレンズに触れます。カメラレンズに触れながらあれっ?あれっ?って傍から見たらただのマヌケ野郎ですよ。

Infinity Displayとか言ってますけれど、Infinity (にロックの外れない) Displayかって話です。

Xperiaのような側面は難しいのかもしれませんが、せめて背面の中央とか、そこらへんはちゃんと考えて設計して欲しかったところです。

とは言っても虹彩認証が意外と使えますから問題無いっちゃあ無いのかもしれません。メガネ無しで登録して、メガネ有りでも余裕でロック解除できますからね。

まとめ

まだ全然遊び切れていないんですけれど、とりあえず開封の儀とちょっとした感想はこれで終わりです。

今後、カメラのベンチマークスコアで並ぶiPhone8 Plusとの写真比較をするってのはもう確定してます。あとは久々のGalaxy Noteシリーズですから、Sペンの機能を色々試してイラストの練習なんかもしてみたいって考えてます。ちょっとぼくの絵のヘタさはヤバいんで。絵だけじゃなくて字もなのがツラいところ。

これから楽しみです。

ではでは

 

Galaxy Note 8はdocomoだけでなくauでも扱っております。手数料や頭金が無いことでかなりおトクな各社のオンラインストアで。

docomoオンラインショップ

auオンラインショップ

ブログアイコンをプロに作ってもらったよ!!オリジナルアイコンのすゝめ

こんにちは!

ブロガーのアイデンティティを構成するとても大事な要素はなんだと思いますか?

そう、それはアイコンですね。

これまでのぼくのブログアイコンは

  1. テキトーに拾った画像
  2. アイコン作成サイトでノリで作ったアイコン(これが長かった)
  3. ブログメンバーのハピラビ(id:Happyrabbit)に描いてもらったタヌキ

の順で変遷していったのですけれど、共通しているのは『0円=タダ』というところです。

ぼくはブログアイコンにお金をかけたことがなかったのです。

はてな界隈のブロガーを見渡せば、みんなお金がちょっと稼げるとすぐに『誰々に描いてもらった』とかさ、『何々のサイトで作ってもらった』とかさ、うらやましいなぁって思って見てたんですよ。

お金がないのがデフォルトなぼくにとって、なかなかアイコン代を捻出できなかったのです。アイロン台ですら妻に買ってやれないのに、いわんや自分のブログアイコン代においてをや、といったところ。

ですけどやはり大事なブログで自分を表すものなわけですから、ちょっと人とは違うしかもオシャレなアイコンにしたいって願望はずっとあったんです。

 

そんな折、それこそアイコンを描いてくれたハピラビの妹さんが、なんとプロのデザイナーさんという情報が!!ダメ元で、いや、それより低い温度感で、むしろ、ギャグで頼んでみたらOKが出たんです!!

それがこれ

f:id:pompomponta:20171121002120j:plain

ナニコレ!めっちゃええやん!

『山田ぽんた』を絶妙に表現できた会心のアイコン

とりあえず頼んだ経緯が経緯ですから、実際にそこまでどんなアイコンがいいか?ってのは固まってなかったんです。

頼んでみたはいいものの、当初全然乗り気ではなかったらしく諦めていたってのもあります。

でも突然、ハピラビから「たまたまヒマになったらしいから作ってくれるそうですよ〜」と告げられ、急遽考えたのが、

『スマホに顔を付けて、某リンゴの会社みたいなロゴを見せたイヤらしいやつ』

というヒドいとしかいいようの無いアイデアだったんです。

ぼくのラフである程度固まったアイコンデザイン

ハピラビはそもそも絵心のある男で、似顔絵を描くのが趣味という謎属性の持ち主。

兄⇒妹ラインを有効活用するためにも、まずはハピラビを有効活用して、おおよその下書きを作ってもらうことにしました。

そのために必要なのはぼくのラフ的な絵。特に頼まれたわけではないのですが、初めて作る自分専用のアイコンなので気合いを入れて勝手に描いて渡しました。

それがこれ。

f:id:pompomponta:20171121003315j:plain

素晴らしい…。

会心のラフ画を兄が下書き

この会心のラフ画を兄が下書きしてくれました。ぼくとしては『腰に手を当ててニヤリと振り返る。背中にはなんかのロゴ』みたいなやつで考えていたのですが、残念ながら表現が難しく、それはハピラビにおまかせしました。

それでザッと描いてくれたのがこれ。

f:id:pompomponta:20171121003639j:plain

ふむふむ。まーまーだな。

途中から某妖怪腕時計に出てくるUSAうさぎのキレバージョンみたいな顔を要望したためこうなりました。

妹パワーがヤバい。

これを妹さんに送ってもらい、本格的なデザインに入りました。

さすがはプロですね。異常な早さでササッとスケッチしたものを見せてくれました。

それがこれ。

f:id:pompomponta:20171121004022j:plain

あれ?ロゴないやん。

曰く、「長方形のスマホが振り返って顔を見せるならロゴはムリよ」とのこと。

ええ…そんな…ムリやん…。

しかし、彼女はこんなヒントもくれました。

「顔か背面を鏡に映したらいいんじゃない?」

うーむ…ん??

これ、解決じゃね?!!

さすがプロ。

そしてそれでそのままお願いしたところすぐに送られてきたのがこれ。

f:id:pompomponta:20171121004347j:plain

すげー!!

今思えばこの時点でほぼデキてるやん!!

でもタモリっぽい……そんないいイメージは狙っていないので、やはり当初のイヤらしい顔でUSAうさぎ風にお願いすることにしました。

あと、メロンはかじられた感じで。

イヤらしい顔って難しいみたい……

プロでも、プロだからこそなのかな?中途半端な要望は難しいらしく、イヤらしい顔っていう非常に抽象的な表情が難しかったようです。

こんなのや、

f:id:pompomponta:20171121004809j:plain

こんなので

f:id:pompomponta:20171121004840j:plain

試行錯誤の過程が兄・ハピラビから送られてきました。

んで、どっちの顔がええねん?と送られてきたのがこれ。

f:id:pompomponta:20171121004935j:plain

やっぱサングラスよりメガネかなぁ……とメガネでお願いし、ホームボタンは角丸の長方形、口角はもうちょい上げてという細かいところを伝えて、

f:id:pompomponta:20171121002120j:plain

こうなりました。

どこかで見たことのある、codomoという文字も入っております。

やっぱええやん。

最後に

スマホ情報ブログという一応のテーマがある当ブログですから、アイコンはやはりスマホっぽい感じにしたかったですし、ちょっとリンゴっぽいメロンもかじらせてみました。んで、某携帯電話会社に似た文字列も入れつつ、ホームボタンはサムソ…げほげほっぽくしてます。全体的なシルエットはなんとかペリア風。

全部コミコミやで。

これで15年は戦える。

値段はヒミツよ。

ちなみにここで公開している下書き等の画像は全てハピラビ兄妹の許可を得て掲載しています。

ちょっとの投資で、それこそ風俗1回分より遥かに安い金額でプロに作ってもらえました。相場はあんまり詳しくないから高いのか安いのかさっぱりわかんないですけれど、そんなこと関係なく大満足ですし、ハピラビ兄妹には大感謝です。

ぜひブロガーの皆さんも、自分だけの完全オリジナルアイコンを作ってみませんか?

ではでは

 

今回大いに協力してくれたハピラビ(id:Happyrabbit)のブログはこちらです。

ぜひ読んでやってくださいな。

heyaseka.hapirabi.com