ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

Xperia XZ Premiumの海外SIMフリー版を買ったらランニングコストはどうなるのか?

こんにちは!

先日nuroモバイルから発表された、Xperia XZ Premiumの日本向けSIMフリー発売は結構インパクトがありましたよね。

pontablog.pompomponta.com

日本初の現行Xperia、しかもハイエンドモデルで日本仕様のSIMフリーが発売されたってのはこれまでを考えると驚きです。ようやくSONYが日本市場に真摯に向き合うようになったかと。日本で圧倒的にシェアを持っているんですから、普通にSIMフリーモデルも販売してくれれば稼げると思うんだけどなぁ…。

f:id:pompomponta:20171130222615p:plain

nuroモバイルのプランではdocomoと比べて維持費が安くなりますが、それでも端末代が高額なのは事実。『Xperia限定プレミアム帯域オプション』を使わなければ評判のいいnuroモバイルとはいえ、MVNO品質なのも事実。使えばdocomoのプランと正直そこまで料金が変わらないですから、それならアフターフォローの充実からdocomoを使えばいいのです。

少しでも安く、そしてキャリアの支配から逃れたい…そうなれば必然、海外のSIMフリーモデルになってしまうわけです。

やはり海外SIMフリーモデルは国内メーカーのSONYとはいえ値段は安くなり、MVNOと組み合わせるとランニングコストは格段に低くなります。

というわけで今回はnuroモバイルが取り扱うことで話題のXperia XZ Premiumの海外SIMフリーモデルをご紹介いたします。

Xperia XZ Premiumのランニングコストは?

海外のSIMフリーモデルだとキャリアで、Xperia XZ Premiumの場合はdocomoで、購入する価格と比べて単純な端末価格は断然安くなります。

しかし、問題は通信料金を足したランニングコストです。

docomoでの一般的な契約期間の2年でそのランニングコストを計算してみます。

docomoとSIMフリー&MVNOどっちが安い?

docomoの通信料金はカケホーダイライトプランとデータ通信量5GBプラン、MVNOはDMMモバイルの5GBプランと10分かけ放題オプションで試算し、海外SIMフリーモデルのXperia XZ PremiumはEXPANSYSでのRosso Redの販売価格を参考にします。

Xperia XZ Premiumの価格をEXPANSYSでチェック icon

試算した結果、このようになりました。

  docomo EXPANSYS
基本使用料 1,700円 1,910円
ISP 300円 -
データ定額料金 5,000円 -
オプション - 850円
端末代総額 93,960円 72,836円
(1ヶ月あたり) 3,915円 3,034円
毎月割 −2,268円 -
実質負担額 1,647円 -
1ヶ月合計 9,207円 6,014円
2年間総額 220,968円 144,336円

 

※EXPANSYSでの『端末代総額』は、税金等も合算した金額となっております。算出方法等についてはこちらをご覧ください⇒海外SIMフリースマホを買うなら『EXPANSYS』購入方法や配送について解説します - ぽんたが携帯電話をいじくってみる

2年間使うと単純に考えて、その差は76,632円。76,632円ってかなりでかいですよね。

これだけあれば2年後のハイエンドモデルも購入できますし、なんだったらPCだって買えちゃいます。

毎月のランニングコストでも3,000円以上違います

ハイエンドモデルを使用したい…でも、少しでもコストは抑えたい…

そんなワガママな方にぴったりです。

まとめ 

海外ではそれほどシェアを持っていないとはいえ、それでも日本メーカーでは随一のシェアを誇るSONY。日本国内ではキャリアのみでの取り扱いですから、入手するにはキャリアで契約する他ありません。

海外のSIMフリーモデルを安く入手して、賢く使っていきたいですね。

ではでは

 

エクスパンシス

Xperia XZ Premiumの価格をEXPANSYSでチェック icon

 

業界最安のDMMモバイルは料金と品質のバランスが抜群です。

DMMmobile

DMMモバイル

nuroモバイルがXperia XZ Premiumの取り扱いを発表!Xperiaハイエンドモデル初の日本向けSIMフリー端末に

こんにちは!

本日、11月28日にnuroモバイルから衝撃の発表がありました。

なんと、Xperia XZ Premiumをnuroモバイルで取り扱うというのです!さらに端末はSIMフリーモデルで、しかも日本向け。docomoから発売中のSO-04Jと同じくFeliCaやワンセグ・フルセグに対応しており、まさに『Xperia史上初、ハイエンドモデルに日本向けSIMフリー端末』なわけです。

f:id:pompomponta:20171128234656j:plain

nuroモバイル X Xperiaより

受付は11月28日からなので本日から、そして限定13,000台。もしかすると間に合わないかもしれませんが、日本向けながらもSIMフリーXperiaを入手できる機会は今後あるかどうかわかりませんからね。

申し込みできるか否か?についてすぐすぐ知りたい!余計な解説はいらんのだ!という方はまずはnuroモバイルのサイトで在庫を確認することをおすすめします。

ちなみにnuroモバイルでは端末在庫確認がサイト上から可能なのですが、11月28日現在そのラインナップにXperia XZ Premiumは入っていないので実際に申し込んでみるしかありませんのであしからず。

http://mobile.nuro.jp/xperia/

さて、というわけで今回はnuroモバイルから限定13,000台で発売されるXperia XZ Premiumについてです。

史上初の日本向けSIMフリーハイエンドXperia

Xperia XZ Premiumのスペック等については当ブログでも以前触れました。

pontablog.pompomponta.com

ほぼほぼ現行androidスマホ最高峰のスペックと4K HDRディスプレイという組み合わせは唯一無二のものです。

これまでだとSIMフリーモデルを入手するためには海外で販売されているものを輸入するか、docomoで購入後にSIMロックの解除を行うしかありませんでした。docomoで購入したものだと、SIMロックは解除されていてもdocomoアプリは消せません。ですからピュアなXperia XZ Premiumを入手するにはやはり海外モデルしか選択肢がない状態だったのです。

これを扱えるのはSONYが運営しているMVNO、nuroモバイルならでは…といったかんじですね。

Xperia XZ Premiumだけに解放される帯域を使ったストレスレスな通信が可能

最近通信速度で非常に評判のいいnuroモバイルですが、それがさらにXperia XZ Premiumだけに解放される帯域を使ってより快適に通信ができるのです。

それが『Xperia限定プレミアム帯域オプション』です。

追加で2,000円必要になりますが、契約した高速通信データ容量はダウンロードにしか適用されず、アップロードに関しては通信容量のカウントがされません。つまり、Xperia XZ Premiumで撮った写真などを高速通信でアップロードし放題ってことです。

Xperia XZ Premiumの高性能なカメラを存分に楽しめる仕様になっていますね。

TwitterやInstagram等のSNSに使うも良し、バックアップに使うも良しです。

もし、追加料金を支払わなくても、元々評判のいいnuroモバイルですから快適に使えることでしょう。

最低料金は、端末代込みで2,980円〜

最低料金は端末代を込みで2,980円〜となっています。が、これはあくまで最初の1年のみですのでご注意を。

nuroモバイルの端末を分割で購入する場合、他社のように自社で分割して料金を支払うわけではなく、ジャックスを通してローンを組む必要があります。それの支払い期間が36ヶ月、つまり3年間払い続けないといけないわけです。

最初の1年が2,980円だとしても、その後の2年間はどうなるのでしょうか?

実は2,980円になるカラクリは『音声通話プラン割引』にあります。

f:id:pompomponta:20171129002009j:plain

nuroモバイル X Xperiaより

この画像をご覧いただければ一目瞭然ですね。最初の1年間は『音声通話プラン割引』によって1,105円引きになっていますが、2〜3年目は105円引き、4年目以降は割引が0円になっています。

ですから、端末の支払いが残っている2〜3年目の最低料金は3,980円になるんですね。

これに端末補償や、『Xperia限定プレミアム帯域オプション』を組み合わせれば料金は変わってきますけれど、Xperia XZ Premiumを最低料金が2,980〜3,980円で3年間使えるというのは非常におトクであると言えます。

 

まとめ

nuroモバイルでしかこれが提供できないんだと思いますが、それでもこの流れで順次その他のXperia、特にXperia CompactシリーズをMVNOで扱うなり単体で販売するなりして日本向けSIMフリーモデルを増やしてほしいですね。

日本メーカーで唯一世界に出ていける(シェアが圧倒的に低いとは言え)のがSONYなわけで、Xperiaシリーズの根強いファンは世界中にいる素晴らしいブランドなんです。

日本国内ではあくまでキャリアを通してしか販売しないってのを貫いてきましたけれども、それだけだともう厳しいんじゃないでしょうか?

ローエンドもミドルエンドもハイエンドも、タブレットやイヤホン、テレビもゲームも日本だと全てSONYで賄える…そんな未来がやってきてほしいものです。

ではでは

 

限定台数での販売なのでご購入はお早めに!

nuroモバイル

海外SIMフリースマホを買うなら『EXPANSYS』購入方法や配送について解説します

こんにちは!

日本でもようやく盛り上がってきたSIMフリースマホ。キャリア各社のSIMロック解除義務化と同時に一気に知名度が上がり、MVNO各社が取り扱うようになった現在では非常に一般的なものになっています。

SIMフリースマホはその名の通りSIMロックのかかっていないスマホで、日本国内でも海外でも周波数さえ合えばどのSIMカードを挿しても通信ができます(APN設定は必要)

キャリアの壁に阻まれて、日本国内での端末販売がまともにできていなかった中国や台湾のメーカーがこぞって参入してきており、キャリアで販売している端末と同等クラスのものが遥かに格安で手に入るようになっていますね。

ですが、日本国内で販売している端末よりも海外で販売している端末の方が安い場合が多いってことをご存知でしょうか?

当ブログでも何度かご紹介している『EXPANSYS』はその筆頭です。

当ブログでは『EXPANSYS』での端末価格とMVNOを組み合わせた場合と、docomoで購入した場合を、キャリアの契約期間である2年間で試算してみることが多いんですけれど、ほとんどの場合でSIMフリーとMVNOの組み合わせの方が安くなるんですよ。

しかし、『EXPANSYS』はイギリスに本社のある海外ECサイト、サイトの表示自体は日本語でも購入方法や配送方法などで不安はあることでしょう。

というわけで当ページでは『EXPANSYS』での購入方法や配送方法、送料や保証について解説いたします。

安くSIMフリースマホを買うならまずは『EXPANSYS』をチェック! 

『EXPANSYS』は上でも書いたようにイギリスのECサイトです。

日本人スタッフはいるようですが日本国内に倉庫はなく、香港から配送されます。日本の倉庫からではありませんから、通常のECサイトと比べて到着までに時間がかかることが多く、また、送料等もパッと見分かりにくいです。

その分、格安で最新端末を入手でき、さらに日本では取り扱っていない端末やカラーを購入できます。

イメージで敬遠すればそのメリットを享受できません。

まずは購入方法から解説いたします。

『EXPANSYS』で購入するためには?

『EXPANSYS』は日本向けのサイトを運営しており、ほぼ全てが日本語化されています。

『EXPANSYS』 icon

日本人にとって非常に分かりやすいつくりになっているとはいえ、海外のサイトだとなかなかとっつきにくいという方も多いんではないでしょうか?

というわけで購入するための流れを画像付きで解説いたします。

通常ECサイトでは商品を購入する前に会員登録やアカウント登録をする必要があると思いますが、『EXPANSYS』では必要ありません。購入時に入力するだけです。

下の画像は商品を買い物カゴに入れて、買い物カゴを開いたところです。

f:id:pompomponta:20171126215526j:plain

矢印で示しているように【チェックアウト】と書いている部分は

  1. クレジットカード
  2. 銀行振込
  3. 代金引換

で代金を支払いたい場合に使用します。

【PayPalでチェックアウト】と書いてある部分はそのままPayPalで支払いたい場合です。

画像では見えないのですが、下にスクロールするとココで配送方法も一緒に選べます。

f:id:pompomponta:20171126220102j:plain

  • ヤマト運輸
  • ヤマト運輸(代引き)
  • FedEx

となっており、早ければ国内で購入する場合とほとんど変わらない時間で届きます。

クレジットカードや銀行振込で代金の支払いを選択すると、このように表示されます。

f:id:pompomponta:20171126220509j:plain

この画像はクレジットカードを選択した後です。

届け先とカード情報の入力が必要です。

海外サイトらしく、名前や住所は全てローマ字で入力しなければならず、入力を間違えやすいのでお気をつけください。

f:id:pompomponta:20171126220716j:plain

記入例として、このように書いてありますので参考にするか、こちらのサイトも参考にされるといいと思います。

eikaiwa.weblio.jp

クレジットカード情報をそのまま入力するのもいいですが、ぼくのおすすめとしてはセキュリティ面からもPayPalでの支払いです。

アカウントさえ作ってクレジットカードやデビットカードを登録しておけば、その他のサイトでも利用できます。

www.paypal.com

住所もPayPalに入力しておけばそのままペーストしてくれますし、とても便利なのでまだの方はぜひお試しください。

配送方法や配送料金は?

配送方法は上で書いたように

  1. ヤマト運輸
  2. ヤマト運輸(代引き)
  3. FedEx

の3通りですが、海外から送ってくるわけですから、日本国内で購入する場合とはまた違った送料や税金が発生します。

まず、7万円以上注文した場合は送料が無料になります。ハイエンドモデルとちょっとしたアクセサリーを購入すればすぐに届く金額ですね。ただ、ローエンド〜ミドルエンドモデルだと7万円に届かないでしょうから送料がどうしてもかかってきます。

f:id:pompomponta:20171126222208j:plain

日本に入ってくる際にかかる税金もあります。

こちらの支払い方法は業者によって違うようで、ヤマト運輸の場合は

  1. 税関を通る時点でヤマト運輸からメールで金額を通知
  2. 配送スタッフに受け取り時に支払い(現金のみ)

となっています。

FedExの場合は

  1. 税関でFedExが立て替え
  2. 商品受け取り後、数日以内にFedExから請求書が届く
  3. コンビニ等で支払い(14日以内)

ヤマト運輸だと、税金だけをその場で支払うのですが、FedExだと税金にプラスで立て替え手数料が発生します。税金が25,000円以内なら一律500円、25,000円より多ければ税金の2%が手数料になるとのこと。

どちらも一長一短ありますね。

では、税金はどのくらい発生するのでしょうか?

ここでいう税金とは消費税です。

2017年現在8%ですが、丸々8%かかってくるわけではありません。個人輸入の場合は特例措置として【商品代金(プラス送料)の60%に対して消費税がかかる】ことになります。

100,000円の買い物をしたら日本国内で購入すれば消費税が8,000円ですが、個人輸入だと

100,000円×60%=60,000円

に対して消費税がかかります。ですから、払う税金は

60,000円×8%=4,800円

となるわけです。

単純に消費税が4.8%になると思っていただければOKです。

少しでも金額を抑えるためにヤマト運輸で受け取りと同時に支払うか?それとも多少手数料がかかってもFedExで後払いするか?迷いどころかもしれません。

保証期間はどうなっているの?

海外ECサイトで購入するなら、非常に気になるのが端末の保証についてですよね?

購入して届いたはいいけれど、初期不良で壊れていた上に保証してもらえなかった…なんてことがあれば目も当てられません。

『EXPANSYS』はその点でも安心です。

f:id:pompomponta:20171126230758p:plain

全てのスマホに無料で6ヶ月保証がついており、追加でさらに6ヶ月保証を購入できます(端末購入時のみ)ですから最大12ヶ月の保証期間があるわけです。

保証についても細かくルールが定められておりますので、この点は注意です。

初期不良期間 発送日〜14日以内

この期間に不具合があった場合は初期不良とみなされますので、返金や交換を受け付けてくれます。

しかし、箱や商品にキズや汚れがついた、付属品を無くした、という場合には減額や受け付けてくれないこともあるようなので注意したいところです。

キャリアと違って代替機はもらえませんのでこの点も注意ですね。

発送日から15日〜3ヶ月以内

この期間では物理的な損傷、つまり落としたり水没させて壊してしまった場合を除いて、無料で修理してくれます。修理に際しての往復送料まで『EXPANSYS』が負担してくれますから、非常に太っ腹ですよね。

問題は修理の期間が2週間〜6週間と長い上にかなり幅があるということ。さらに代替機はもらえません。

発送日から3ヶ月〜6ヶ月以内

無料で修理してくれるという点は変わらないのですが、送料の負担が変わります。

日本〜香港をユーザーが、修理完了後に香港〜日本を『EXPANSYS』が支払うことになります。

発送日から6ヶ月〜12ヶ月(延長保証)

延長保証の期間になると、往復送料が無料になりますので端末が使えない期間があるにしても気軽に修理に出せますね。そんな気軽に壊れてもらっても困りますが……。

延長保証は上でも書いたように、商品購入時にセットで購入することしかできません。購入後にやっぱり延長保証をつけよう…ってのは不可能なのでその点注意したいですね。

保証について気をつけるべき点

保証がついているからといって、どんな状態でも修理してくれるわけではありません。例えば落として壊れている場合は対象外になります。保証対象外でも修理はしてくれるのですが、実費と往復送料、さらに手数料として3,000円かかります。どうしても直したいというときには使えますが、なかなかの金額になりそうですね。

ちなみに保証対象になるのは以下の場合です。

  • ソフトウェアに問題がある場合
  • ハードウェアに問題がある場合
  • ディスプレイのドット落ちが3点以上あった場合(3点未満は不具合に非ず)

そして以下のような場合は保証対象外です。

  • ディスプレイが割れている場合
  • 水没
  • 物理的損傷があった場合
  • 端末に対応していないアプリやファームウェアをダウンロードした場合
  • 端末に改造した場合(有償でも修理拒否)
  • 他社で修理や端末を開けた場合等
  • ルート化、ブートローダーのアンロック、ROM焼き、OSまたは製品内部の権限や設定を変更した場合

端末に対応していないアプリやファームウェアを有線で突っ込んだ場合はどうなんだ?とも思いますが、恐らくそんな言い訳は許してくれないでしょう。

ソフトもハードもどちらも改造した時点で自己責任になりますので注意したいですね。

最後に

『EXPANSYS』では最新機種はもちろん、ちょっと型落ちした旧機種も格安で販売しております。

頻繁にセールも行っておりますので、安く海外SIMフリースマホを欲しいときには積極的に利用していきたいですね。

スマホだけでなく、タブレットや周辺機器、スマートウォッチなんかも扱っていますので、サイトを見ているだけでたのしくなります。

ぜひぜひ皆さんも『EXPANSYS』を利用して、楽しいスマホライフを送ってくださいね。

エクスパンシス

『EXPANSYS』 icon