読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

Macを買うならどれがいいのか?利用用途と予算で考えよう

PC PC-Mac

こんにちは!

皆さんはいまPCは何を使っていますか?そもそも調べ物ならスマホやタブレットで済ましちゃうからPC持ってないって人も今はかなりいるみたいですが、それでも家でちょっと書類を作るときやインターネットでしっかり調べ物をするとき、それにブログを書くなんてときは圧倒的にPCの方がやりやすいですよね。

f:id:pompomponta:20151105131415j:plain

ところで2015年8月の日本におけるPCのOSシェアは9割近くがWindowsで1割弱がMac OS Xらしいんですが、スマホやタブレットなどのモバイルデバイスのOSシェアはなんと7割前後がiOSとのことなんですね。

それぞれの台数はわかりませんから一概には言えないとは思いますが、単純に考えて大体のiPhoneユーザーがMacではなくWindowsを使っているということですよね。

これはもったいない。ってかandroidを使っていてもMacは問題なく使えますしWindowsより便利なんです。Apple風に言うなら『Macならandroidユーザーでも素晴らしい体験ができます。

それに最近Mac自体が注目されているということもあり「次にPC買うならMac」と思ってる方いらっしゃるんじゃないですか?

ですがMacといってもデスクトップもあればノートもありますし、ノートに至っては何種類もあります。どれを買えばいいかなかなか分かりづらいのも正直なところです。

今回はMacのノートタイプ(MacBook Pro RetinaMacBook AirMacBook)を購入するにあたってどういうふうに選べばいいのか?について書いてみます。

とりあえずMac買うならノートでいい

Macを買おうとなったらデスクトップにするかノートにするかを考えると思いますが、まずここで言わせてもらいます。

とりあえずMac買うならノートでいい

どうしてかといいますと、

  • iMacはどうしてもスペースが必要
  • ノートなら1台で完結できるシーンが多い
  • 持ち歩きが簡単
  • スペック的にノートで必要十分

だからなんです。

逆に言うとスペックを求める方や持ち歩く必要がなく机に置きっぱなしな方、コスパを求める方であれば絶対にiMacをオススメします。

by カエレバ

ではここでMac各モデルの価格を表で見てみましょう。

デスクトップ 下位モデル 中位モデル 上位モデル
iMac 21.5inch(上位はRetina 4K) 126,800円 148,800円 172,800円
iMac 27inch Retina 5K 208,800円 238,800円 258,800円
ノート 下位モデル 中位モデル 上位モデル
MacBook Air 11inch 102,800円 - 126,800円
MacBook Air 13inch 112,800円 - 136,800円
MacBook Pro 126,800円
MacBook Pro Retina 13inch 148,800円 172,800円 208,800円
MacBook Pro Retina 15inch 224,800円 - 282,800円
MacBook 148,800円 - 184,800円

このようにデスクトップのiMacの方が比較的金額は安くなるのです。もちろんスペックはデスクトップの方が高い。当たり前です。

ちなみに上表にはMac ProとMac miniは記載してありませんがこれはわざとです。なぜならこの2つを検討するような人はこのブログなんてみないですからね。決めて買う人です。

次から各モデルのオススメ用途を書いていきます。

MacBook AirはまさにMac入門お手軽モデル

Macを使ってみたいけどいきなり高額のモデルを買うのは不安…そんなあなたにピッタリです。一般的な使用方法(ウェブ、メール、書類作成)であれば全く問題なく動作しますし、何より持ち運びがほんとに楽です。

11inchモデルだとかばんに入れていてもほとんど気になりません。重量は1Kg弱ですからね。iPadにキーボードカバー着けるくらいなら金額的にもMacBook Air 11inchの購入をオススメします。

by カエレバ

MacBook Pro Retinaはスペックを求めるならば最良の選択

Macを買ったらバリバリ使いたい、様々な作業を同時にたくさんしたいのであればMacBook Pro Retinaです。持ち運びをある程度するならMacBook Pro Retina 13inch、そこまで持ち運び頻度が高くないならばMacBook Pro Retina 15inchをオススメいたします。

スペックの単純比較なら圧倒的に15inchの方がスペックが高いですがその分値段も圧倒的に高くなります。お財布との相談が必要でしょうがそこさえクリアできれば15inchいいっすよ〜。ってぼくは13inchの中位モデルなんですけどね(笑)15inch持ってる人は羨ましいです。

やっぱYouTube用の動画を出力するときとか別のブログで使っている画像の編集するときもそうなんですけど、もっとパワーがあれば早く終わるのになぁって思うときがあります。

現状職場ではMacを使うことは無いので家に置きっぱなしです。もしかしたら外で作業するかも…と思って13inchの中位モデルにしましたが、そんな機会はほとんどありませんでした。だったら15inchの下位モデルでよかったなぁと若干後悔してます(;・∀・)

でも普通に使っているならパワーも速度も十分すぎるほどです。全く不満はありませんよ。

by カエレバ
by カエレバ

MacBookはビジネスマンの最適な選択肢

MacBookはやはりスペックが高くないです。完全に持ち運び仕様ですからね。

バリバリと使いたいならMacBookを選んではいけませんが、ウェブやメールに書類作成程度ならば全く問題なくできます。そして重量は1Kgを切っていますから、重さというものを感じないレベルで軽いです。

以前の記事でも書きましたがキーボードが素晴らしく打ちやすい(要慣れ)

色も唯一3種類から選べます。

スペースグレイなんてビジネスマンにはピッタリじゃないでしょうか?しかもMac全てにいえることなんですが、筐体がかなり丈夫なんです。だからビジネスバッグに入れておいてもなかなか壊れません。

つまり軽い、丈夫、キーボードが打ちやすいということはビジネスマンに最適ということなんですね。

by カエレバ

Macの良さは買って使えば分かる

正直Macを使ったことない人に批判をしてほしくないですね。使えば良さが絶対にわかりますから。

もちろん100%満足できる家電製品というのはありえませんから、何かしら面倒だったり嫌なところは出ると思います。ですがトータルで判断するとぼくは絶対にWindowsよりMacがイイってなるんです。

「Windowsだと安いPCがたくさんある」ってよくいう人がいます。でも同じスペックで同レベルのデザインのPCがWindows PCで安く売ってますでしょうか?大体においてMacよりも高いんですよね。

食わず嫌いでカッコつけるよりもまずは食ってみましょうよ。

ではでは