読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

auユーザー歓喜?!iTunes、AppStore等の支払いを『auかんたん決済』で行えるように!!

こんにちは!

最近ほとんど携帯関連情報を書いてませんでしたので、久々に書きます。

と言っても若干古い情報なのでアレですけども…ご存知の方も多いと思いますが、ついに日本国内でもAppleのサービスをキャリア決済できるようになりました。

f:id:pompomponta:20160821145511j:plain

8月17日からauで始まっております。

news.kddi.com

これって結構画期的で、日本ではクレジットカードかiTunesカードでしか支払いができなかったiPhone、iPad、Macの各サービス(一部androidも)がキャリア決済でできるようになるんですから、利便性はかなり上がりますよね。

今回は8月17日から始まった、『auかんたん決済』でのAppleのサービスを支払えるようになったことでユーザーとしてどのくらいメリットがあるのかについてです。

auかんたん決済でAppleのサービスを決済できるメリット

さて、Appleのサービスの支払いができるようになったとは言え、全て可能なわけではありません。『auかんたん決済』が利用できるAppleのサービスは以下のとおりです。

  • App Store
  • iTunes Store
  • Apple Music
  • iBooks
  • iCloudの容量追加

このように残念ながらApple Storeの支払いには使えません。

Apple Storeでも使えれば最高だったんですけどねぇ…さすがにMacやiPhoneの購入には不向きですが、ちょっとした周辺機器をサッと購入できるのは非常に楽です。

支払いがワンステップで終わるようになる

ちょっと前にも書きましたが、これまでだとAppleのサービスを利用する際に支払う選択肢としてあったのは、

  • クレジットカード
  • iTunesカードによるチャージ

の2つでした。

クレジットカードについては言わずもがなですが、iTunesカードについてはこれを利用してキャリア決済もどきは可能でした。というのも日本でiPhoneを販売しているキャリアは、3社ともにオンラインショップでiTunesカードを販売しており、それを利用料金と一緒に払うことができたからなんですね。

ですが、これだとイチイチ各キャリアのオンラインストアにアクセスしなければなりません。

キャリアのオンラインストアにアクセス

iTunesカードを購入

Apple IDにチャージ

使いたいサービスで使用する

とまぁこのようになるわけで面倒なのは面倒です。

しかし、キャリア決済ができるようになることで、アプリならApp Store、音楽ならiTunes Storeで、欲しいものをワンステップですぐに決済できるわけです。

これは楽ですよね。

法人契約端末だと使えない

これはある意味当然ですね。

会社から支給されているiPhoneで会社契約している回線を使うわけですから、ここに合算できるようになると無法地帯化しますよね。

ですから法人契約の端末はこれまでと同様の手順を踏む必要があります。

デメリット…ではないけれど気を付けるべきこと

キャリア決済が使えるようになったことで、対象ユーザーは間違いなく課金のハードルが下がります。課金自体は自己責任ですからいいんですけど、注意すべきはやはりクレジットカードを持っていなくて親名義の回線を使っている中高生(の親)ですよね。

自分がその立場だったらガンガン課金してしまうことが容易に想像できます。

しっかり話し合いをすることももちろんですが、キャリア決済をできないようにすることや上限金額を下げるようにしてある種自己防衛をしておかなければ、トラブルが頻発することでしょう。

元パケ死世代としては非常に心配です。

Apple Storeで使えない理由も実はココらへんにあるんじゃないかな…ってのは深読みしすぎでしょうか?

まとめ

ぼくとしてはauだけでなく、docomoとSoftBankも早期に導入して欲しいですね。

やはり便利ですから。

今後も各キャリアの動向に注意していきたいです。

ではでは

au Online Shop