読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

BlackBerry Privが超値下げ&U-mobileでも取り扱いで入手が容易に!

キャリア キャリア-MVNO スマホ スマホ-BlackBerry

こんにちは!

以前当ブログでもご紹介したBlackBerry Privですが今こいつがアツい!

pontablog.pompomponta.com

「BlackBerry Privってなんぞ?」って方もどんな端末かについてはざっと上の記事を読んでもらえれば分かってもらえると思います。

ご紹介した当時はEXPANSYS iconで購入しても10万円を上回るお高い端末でしたがなんと今はEXPANSYS iconでは7万円台と超お買い得に。

そして海外版を購入するしかなかったのが、ついに2016/3/25に日本版が登場してMVNOとしてU-mobileが取り扱っております。

f:id:pompomponta:20160409201902p:plain

画像はBlackBerry by FOX.INC.より

これで海外版は価格的に入手しやすく日本版は多少高いながらも技適通過した完全日本仕様として安心して使うことができるようになりました。

正直言って欲しい。格段に入手しやすくなってますし、これがあればブログ更新をスマホで気軽にサクッと…とまではいかないにしても下書きくらいは余裕でできそう。そして何より『BlackBerry Priv』の響きがカッコええやん!彼女ができそう。

そんな今アツくなっているBlackBerry Privを購入するとしたら海外版と日本版どちらがいいのか?それぞれのメリットとデメリットを比較してみたいと思います。

BlackBerry Privを買うならどっちがいいの?海外版と日本版比較

BlackBerry Privの海外版と日本版の違いをざっくりと言ってしまえば価格と対応周波数です。

例えば海外版のBlackBerry Privは現在(2016/4/9時点)EXPANSYSでは73,160円ですが、日本版を購入しようとすればBlackBerryの正規代理店FOXでもU-mobileでも購入すると99,800円です(U-mobileは4159円×24ヶ月で分割購入可)

関税なんかを入れてもEXPANSYSの方が安いわけですよ。

しかし、日本版は上でも書いたとおり完全日本仕様ですから日本の法律に合わせて技適の取得もされてますし、MVNOで使われているdocomo周波数をきっちりと網羅しています。

となると日常使用での安心感はやはり日本版のほうが優れているわけです。

海外版と日本版それぞれの維持費はいくら?

まずは維持費を比べてみましょう。比較するための前提条件は以下のようにします。

  • 契約MVNOはU-mobile
  • プランは通話プラスダブルフィックスプラン(1〜3GBで1,480〜1,780円)
  • U-mobileでの購入に合わせて海外版も端末代は24ヶ月で割る

これで比べてみると維持費はこのようになります。

  海外版を購入した場合 U-mobileで購入した場合
基本使用料 1,480〜1,780円(税別) 1,480〜1,780円(税別)
端末代総額 73,160円(税別) 99,800円(税別)
1ヶ月あたりの端末代 3,048円(税別) 4,159円(税別)
合計額 4,889〜5,213円(税込) 6,090〜6,414円(税込)

海外版と日本版の維持費の差は1,201円となります。

24ヶ月使用すると考えると1,201円×24ヶ月=28,824円ですね。

少しでも維持費を下げたいと思う人は海外版を購入したほうが良さそうです

海外版と日本版の対応周波数の違いとdocomoの周波数

海外版と日本版の周波数を比べてみて、どちらがよりdocomo系MVNOにマッチしているかを見てみましょう。

まずはLTEから。

docomo周波数帯 海外版 日本版
Band 1(2GHz)
Band 3(1.7GHz)
Band 19(800MHzプラチナバンド)
Band 21(1.5GHz)
Band 28(700MHz)

お次は3Gです。

docomo周波数帯 海外版 日本版
Band Ⅰ(2GHz)
Band Ⅵ(800MHz)FOMAプラスエリア

やはり対応周波数を見ると圧倒的に日本版が有利です。

LTEはプラチナバンドのBand 19を掴み、3GもFOMAプラスエリアのBand Ⅵを掴みます。絶対に掴まなければ不便になるってものではないでしょうが、掴むなら日常使用においてアドバンテージはデカい

都市部に住んでいるならそこまで…ってかんじかもしれませんが、地方在住ならどちらも非常に大事です。

ですから電波で少しでも不便な思いをしたくないなら日本版を購入するべきでしょう。

android 6.0へのアップデートはあるのか?

BlackBerry Privは購入時点ではandroid 5.1.1です。

気になるandroid 6.0へのアップデートについてはどうも4月下旬〜5月上旬に行われる予定とのこと。

juggly.cn

元々は1月でそこから2016年Q1へ。そして4月下旬〜5月上旬となっているみたいなのでこれもどうなるかは分かりませんけども、android 6.0版BlackBerry Privの動画も出回っているらしいのでいずれにしても近いうちにアップデートはされるのでしょう。

OS的なセキュリティも安心して良さそうです。

購入するには?

現状海外版を購入するならEXPANSYS一択でしょう。

BlackBerry PrivをEXPANSYSで購入する icon

日本版については正規代理店FOXが運営しているcaseplay、後はAmazonでも扱っております。

【日本正規代理店品】BlackBerry Priv Black Android SIMフリースマートフォン ブラックベリー 32GB スライド QWERTY キーボード caseplay FOX PRD-60028-037

さらにビックカメラでも取り扱っております。

BlackBerry PRIV ブラック 「PRD-60028-037」 Android 5.1・5.4型・メモリ/ストレージ:3GB/32GB nanoSIMx1 SIMフリースマートフォン icon

もちろんU-mobileでも扱っております。

U-mobileのお申し込みはこちらから

こうやってみると結構購入できるところは多いんですよね。

現在の住んでいるところと購入時点のそれぞれの価格によって決めるのが吉だと思います。

まとめ

ぼく個人としては実はiPhone SEより欲しいです。

お金がないのでU-mobleで分割購入しようかなぁって真剣に検討してます。だってかっこいいじゃないですか(・∀・)それにこれあると絶対便利でしょ?物理キーボードでカチャカチャブログの下書きをする、メールもスマホから返信しやすい大画面で高精細液晶ってのは相当イイ!

BlackBerryへの憧れってみんな多かれ少なかれあると思うんですよ。それを慣れ親しんだandroidで、さらにセキュリティもBlackBerryですから堅牢と言うことなしです。

スペックも充分2年以上は戦えるスペックですしね。

ちょっと嫁と相談してきます。

でわでわ(・ω・`三´・ω・)