読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

人気ブログ・人気ブロガーの定義ってなんだろう?

こんにちは!

最近ブログでイケダハヤトさんの話題がとんでもない勢いで出てますね。SmartNews読んでても、はてなのタブはこんなかんじでイケダハヤトさんの話題ばかり

f:id:pompomponta:20160211203857j:plain

ぼくはイケダハヤトさんのブログを読んだことはないですし彼のやったことややってることはよく知らなかったんですけど、この数日間で様々な方がイケダハヤトさんのことを取り上げたのでなんとなくわかってきました。

彼は元々炎上ブロガーで、最近noteって媒体で稼ぎだした。弟子を取っててその弟子が稼げなくて、さらに最近彼自身もアフィリエイトの調子が芳しくないからブログやめるわってことですかね?違ってたらごめんなさい。

もうブロガーじゃないのかもしれないけど、イケダハヤトさんは人気ブロガーで彼のやてる(た?)ブログは人気ブログなんですよね?そこらへんがよく分からないんですよ。

人気ブログや人気ブロガーの定義ってなんぞや?ってのが今回のテーマです。

f:id:pompomponta:20160211204128j:plain

イケダハヤトさんは人気者ですよね?違うの?

ぼくは超零細個人ブロガーなので、あそこまで名前が売れていて顔出ししていて精神が強い人を崇拝して弟子入りしたいって思う人の気持ちは分かります。しないけど。

だってお金欲しいじゃないですか!よくブロガーの言うお金よりまず読者って言うのはお金を得るためにアクセスを集める必要がある、それについてのとるべきスタンスであって本質ではないですよね。

だからああやって煽り耐性強くて稼いでいるブロガーに対しての嫉妬や憧れってどっちもあるはず。手っ取り早くお金欲しいなら弟子入りしてでもノウハウ欲しがる人がいても不思議じゃないですわ。

ってことはイケダハヤトさんは人気者ですよね?違う?どうなの?

人気ブログと人気ブロガーって似てるようで違うと思うんですよ。

でも彼は人気ブログを持つ人気ブロガーですよ。最強じゃん!でもなぜ彼が批判されているか分からないのはぼくの勉強不足ですね。すんません。

ぼくが思う人気ブログ運営者且つ人気ブロガー

それはフミコフミオさん(id:Delete_All)です。フミコフミオさんのブログは風刺が効いていていつもおもしろい。悔しいけどブックマークしちゃう。スターもつけちゃう。

文章をあんなにおもしろく書ける人を初めて見た。自分とは全く視点がちがうんだろうなぁって思う。捉え方がおもしろいしそれを文章にできることがすごい

もしフミコフミオさんが弟子を取るならぼくは弟子入りしたい。月5,000円ならフミコフミオさんに払いたい。

delete-all.hatenablog.com

常にSmartNewsに出てくるぐらいブログも超人気だし、フミコフミオさんの文章が素晴らしいからこそ『フミコフミオ』のファンになってブログを読むわけです。

アクセスが多いから人気ブログ?

アクセスが多いから人気ブログなんでしょうか?なんかそれも違う気がする。毎日1万アクセスあるブログは人気ブログでしょうか?でも1万人しかそのブログの存在を知らないとしたらそれは人気ブログなんでしょうか?

ただ単にアクセス数が多いよりも認知度が高いブログが人気ブログなんでしょう。

そういうブログは人気があるからこそ、認知度が高いからこそアクセスも集まるから必然的にアクセス数も増えるってことなんですね。

ん?結局何なんだ?

人気ブロガーの定義

人気ブロガーの定義はなんでしょう?ってまぁこれは認知度ですかね?どれだけ人に知られているかです。またはこの人のブログなら読もうって思わせるブロガーってとこでしょうか。

はてなブログだと人気の明確な指標として読者数があります。読者数が多い人はやっぱりその分人気ブロガーなんでしょう。

これだとぼくは全然読者増えないから不人気零細ブロガーにあたります。残念だ…。

人気ブロガーになりたいか?それともお金を稼ぎたいか?

どちらもできれば1番いいんでしょうけど、いかんせんそううまくはいきませんね。試される自己ブランディング能力ってとこでしょうか?

人気になれば稼げるんでしょうけども、目先のお金に行っちゃいますね。

ってかどうやったら人気が出るんだろうか?人気の出し方を知りたい

最後に

もう自分で書いてて何がいいたいか分かんなくなってきたから一旦書くのやめますわ…。

今後書きたいことが出てきたらこの記事は随時更新します。

ではでは