読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

docomoがついに2年縛り撤廃プラン完全版を発表!au・SoftBankも見直しか?!

こんにちは!

本日4/14に驚きのニュースが飛び込んできました。

なんとdocomoが『2年縛り撤廃プラン』を発表したのです!適用は2016/6/1からとなります。

報道発表資料 : 新料金プランを更に充実し、長くご利用のお客さまがよりおトクに | お知らせ | NTTドコモ

f:id:pompomponta:20160414205854j:plain

しかもこれはSoftBankの発表したものと比べて実にユーザーにとってメリットのあるものになっております。

pontablog.pompomponta.com

上の記事ではauとSoftBankの発表した『2年縛り撤廃プラン』について書いてあるのですが、これはユーザーにとって全くメリットのない言うなればポーズだけだったんですよ。

ところが今回docomoが発表した『2年縛り撤廃プラン』は非常によく考えられていて、長期契約ユーザーにも短期契約(予定)ユーザーにもどちらにもメリットのあるものになっています。

docomoの本気を久々に見ましたね。

というわけで今回はdocomoの発表した『2年縛り撤廃プラン』についてです。

docomoはやれば出来る子。2年縛り撤廃プランについて 

俗にいう2年縛りとは2種類の意味で使われます。

  • 単純に新規契約をすると2年契約
  • 新規契約後2年経過しても契約期間自動延長で自由に解約できない(違約金が発生するため)

最初に関しては契約自体がそうですし、割賦を組めば大抵2年割賦なのでこれは問題ではないんですね。

問題なのは後の方で、2年間使って割賦も終わった。なのに好きなときに解約orMNPができないことです。ここが叩かれているんですね。

総務省は料金だけじゃなくこれについても以前からキャリアに要請してますね。

携帯各社「2年縛り契約」改善へ 総務省が要請 :日本経済新聞

前回auとSoftBankの発表したプランは、

『2年縛りをなくすけどその分料金はプラスね。いやなら今まで通り2年間縛っちゃうからよろしく』

というユーザーを舐め腐ったクソプランだったのですよ。

ところが今回docomo発表したプランは2年縛り自体を無くすだけでなく追加料金はなし。さらに2年縛りでいいよっていう長期ユーザーにもメリットがあるプランなんですよ。

まじでdocomoは出来る子。見直した。

ポイントは2つのコースを選べること。『フリーコース』と『ずっとドコモ割コース』

docomoの発表したプランは『フリーコース』と『ずっとドコモ割コース

どちらもauとSoftBankのような追加料金はかかりません。

以下はdocomoの資料からの引用です。

「フリーコース」

基本プランの料金はそのまま、いつでも解約金が不要となるコースで、更新期間にお申込みが必要です。「ずっとドコモ割」及び「更新ありがとうポイント」は適用されません。

 

 

「ずっとドコモ割コース」

「ずっとドコモ割」と「更新ありがとうポイント」の対象となるコースで、更新期間においてお申込みは不要です。2年定期契約の更新期間以外での解約には解約金9,500円が必要となります。

『フリーコース』のメリットは、2年経過後はいつでも解約ができる=違約金がかからないというところ。デメリット的なところを言えば途中から変更すると『ずっとドコモ割』が適用されなくなることでしょうか?あまりそういう人はいないだろうけど。後は希望者は申し込みをする必要がありますので若干めんどくさいかなと思います。

『ずっとドコモ割コース』のメリットは『ずっとドコモ割』が適用されること。後述しますが、これまでより割引額の上限も上がってますし対象者も増えます。長期ユーザーというか現ドコモユーザー優遇ですね。それとこちらも後述しますが、契約更新ごとに『更新ありがとうポイント』をもらえます。デメリットはこれまで通りですね。むしろ選択出来る分、それはデメリットにならないかもしれません。

f:id:pompomponta:20160414193206g:plain

現時点で『フリーコース』についてわかっていること

これまでいわゆる解約月以外に解約するとかかっていた違約金がなくなり、2年経過後はいつでも好きなときに解約orMNPができるようになるということです。

いつでも解約できるとは言ってももちろん最初の2年間の解約は違約金がかかりますからご注意を。

というか、プランの適用には2年経過後の解約月期間中にユーザーから申し込みをする必要がありますので、そんな勘違いはしないと思いますけどね。

申し込みをできるのはWeb、コールセンター、docomoショップです。

適用になるのは2016年6月に解約月を迎えるユーザーからですね。

『ずっとドコモ割コース』について分かっていること

これまでのように長期ユーザーだけでなくかなりの数のdocomoユーザーが恩恵を受けることになります。

4年以上経過した回線であればほとんどのプランで割引が発生しますから。

これまでだったら最低でも5年、個人向けのプランであれば10年以上経過してないと割引適用はありませんでしたからね。

f:id:pompomponta:20160414194942g:plain

この表のように割引額の上限も増えます。ということは2年縛りで問題ない根っからのdocomoユーザーにとってみれば実質的な値下げとなりますよね。

f:id:pompomponta:20160414195922g:plain

対象ユーザーも相当拡大されます。特にシェアパックユーザーへの割引が増えてますから真剣に家族全員docomo回線化を狙ってますね。

さらに大胆なのが『更新ありがとうポイント』プレゼントの実施。

『ずっとドコモ割コース』で2年契約を更新したユーザーにdポイントを3,000ポイントプレゼントするというものです。

専用のWebサイトで申請する形になるようですね。

ポイントがもらえるのは新プラン実施となる2016年6月下旬からです。対象になるのは2016年5月に更新期限となるユーザーから

もらえる3,000ポイントは半年間しか使えませんが、機種変更やdocomoの有料サービスを利用する際に使用できます。2年経過後の機種変更に使ってねっていう意図なんでしょうが、更新月が終わった翌月以降にもらえるとしたら最低3ヶ月弱は旧端末を使う必要がありますね。

f:id:pompomponta:20160414201906g:plain

上の表から分かるのが、6ヶ月間はポイント獲得の申請ができるということですね。ポイントをもらえるのは更新期限の月の翌月だけじゃないので忘れっぽい人も安心です。

最後に これからのauとSoftBankの動きに注視!

まだ公式に何も言ってはいませんが、docomoがこういう動きをする以上auとSoftBankも同じようなプランを実施する可能性が高いですね。

auとSoftBankは先日発表のクソプランの見直しをするでしょう。

各社が長期ユーザー優遇に向けて舵を切るのはよい傾向だと思います。ですがまだまだキャリアの儲けを吐き出すには足りないでしょうから、抜本的な料金プランの改定もお願いしたいところです。

今年はどのようにプランが変わっていくのか?それぞれの動きに注視したいですね。

ではでは(・∀・)