読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

日本通信が3月22日からSoftBank回線のMVNOを開始!まずはiPhone・iPad向けから

キャリア キャリア-MVNO

こんにちは!

MVNO戦国時代は佳境に差し掛かってきました。というのも本日、日本通信がついにSoftBank回線のMVNOを3月22日から開始すると発表したからです。

www.j-com.co.jp

昨年から登場したSoftBank回線のMVNO。これは『SoftBank回線を使っているだけ』のMVNOでした。 

pontablog.pompomponta.com

どういうことかと言いますと、通常ぼくらが契約するMVNOの多くはdocomo回線を利用したものですが、これらはdocomoのSIMロックがかかった端末でも利用が可能です。SIMフリー端末を用意する必要がなく、docomoで購入した端末をMVNOで利用できるということです。

ところがこれまでのSoftBankのMVNOでは、SoftBank回線を使用しているにも関わらず、SoftBankのSIMロックがかかっている端末だと使えなかったのです。これがSoftBankのMVNOがイマイチ広がらない理由の1つでした。まぁそもそも価格もそこまで安いものではありませんし、あえてチョイスする理由がないとも言えます。

f:id:pompomponta:20170201235355j:plain

日本通信公式Twitterより

 

今回日本通信が発表した内容は『SoftBankMVNOを始める』ということだけでなく、『SoftBankのSIMロックがかかったiPhone・iPad向けのSIMを販売する』というところがキモです。

SoftBankのSIMロックがかかっていても使えるんです。

例えば、SoftBankがiPhoneのSIMロックを解除するようになったのは、iPhone6s以降です。iPhone6以前の端末はSIMロックの解除ができないわけですが、実際のところ未だに現役で使えます。

まぁ正直iPhone4sやiPhone5をメインで使うのはしんどいでしょうけど、iPhone5sやiPhone6なら充分実用レベルで使用ができます。

というか、iPhone5sなんてY!mobileで販売してますしね。

 

iPhone7需要が落ち着いて、iPhone6からの乗り換えが一段落したタイミングで合意するあたり、穿った見方をすれば非常にSoftBankらしいといえばらしい動きですが、それでもまだまだユーザーは多くいるはず。それに2台目のサブ端末として、子どもに持たせる用としてなど活用シーンもかなり多いです。

ここをガバッと日本通信が始めるSoftBankMVNOでカバーできちゃうわけですから、相当数の需要がありますよね。

 

料金等の詳細は発表段階ですからさっぱり分かりませんが、発表内容を読むと日本通信で提供しているdocomoMVNO並の料金にしようという熱意が伝わってきます。

本件合意により、現在では大変多くの事業者が行なっているドコモと同様の仕組みがソフトバンクにも広がります。このような考え方から、当社は、一日も早くソフトバンク契約者向けに月額料金を下げられる選択肢を提供できるようにすることを優先し、合意に至りました。

www.j-com.co.jp/newsより 

また、今回先行してiPhone・iPad向けのSIMを提供するようですが、今後はandroidでも利用できるようになることでしょう。

ソフトバンク契約者の中で最も多くの利用者がいるソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhone及びiPad向け格安SIMを他機種用に先行して2017年3月22日(水)よりサービス開始いたします。

www.j-com.co.jp/newsより 

 

そして、今後日本通信がMVNEとなり、他社でも同様のサービスが始まる可能性もあります。そうなると、現在のdocomoMVNOと同様、料金もドンドン下がっていきそうです。

 

海外のSIMフリー端末を使用するなら、国際バンドを持っているSoftBank回線がイイと常々当ブログでは言ってきました。これまではある種夢物語でしたがここに来て現実のものとなりました。

料金やどのようなプランが提供されるのか、今後が非常に楽しみですね。

ではでは