読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

LINEモバイルを試してみよう!②〜SIM到着。LINEの設定など〜

こんにちは!

先日申し込みをしたLINEモバイルですが、我が家にSIMが到着しました。 

pontablog.pompomponta.com

LINEモバイルの他社MVNOとの違い、そして目玉として、『年齢認証ができる』というものがあります。というのも、LINEの年齢認証はID検索をするために必須なのですが、キャリアを通しての年齢認証しかこれまではなかったんですよね。キャリア回線を持っているなら問題はないのですが、なんだかそのためにキャリア回線を維持するのってムダですよね。

それがLINEモバイルなら単独でできるわけです。他社との大きな違いですよね。

f:id:pompomponta:20161227163608j:plain

とりあえず高齢の両親にスマホを持たせる…なんてときに手間がかからず便利です。ただ、設定をしていくと『ん?』ってなる場面もありましたので、そこについても書いております。

というわけで今回はLINEモバイルSIMの到着後の設定などを試してみましたので、その模様をお送りいたします。

LINEモバイルがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

LINEモバイルのSIMはなかなかおしゃれなパッケージに包まれておりました。

f:id:pompomponta:20161229135438j:plain

実にシンプルですよね。

中にはSIMとマニュアルが入っているだけです。

f:id:pompomponta:20161229135546j:plain

色も対比になっていていいですね。

今回使うのはiPhone SEですから、SIMを挿したらLINEモバイルの構成プロファイルをダウンロードしておきます。

https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig

これをやっておかないとそもそも通信できませんからね。

androidの場合はAPN設定を以下のように行います。

  • 名前 お好きにどうぞ(分かりやすいようにLINEモバイルがオススメ)
  • APN line.me
  • ユーザー名 line@line
  • パスワード line
  • 認証タイプ PAPまたはCHAP

ぼくは後々を考えてXperia Z4でもAPN設定をしておきました。

LINEモバイルSIMでLINEの設定をする

最初に書いたようにLINEの設定をしていきます。

LINEアプリを開く前に、Wi-Fiに接続しているならモバイルネットワークにしておきましょう。これから設定する上でWi-Fiだと契約によっては詰まってしまいます。

f:id:pompomponta:20161229153929j:plain

モバイルネットワークに切り替えたら、いよいよLINEアプリを開きます。

ちょうどいい機会なので、『ブログ用やまだぽんたアカウント』を作っていきます。あ、あとでID載せるから、と、友達になってあげてもいいんだからねっ!

というわけで新規作成をタップします。

f:id:pompomponta:20161229154017j:plain

↓↓

f:id:pompomponta:20161229160108j:plain

↓↓

f:id:pompomponta:20161229160150j:plain

ここでモバイルネットワークで通信をしている状態なら、SMSは届かずにそのまま番号認証できます。

名前を入力して、

f:id:pompomponta:20161229160417j:plain

年齢認証をするのですが、ここではもちろん『LINEモバイルをご契約の方』をタップします。

f:id:pompomponta:20161229160502j:plain

利用コードを入力する必要がありますので、

f:id:pompomponta:20161229160549j:plain

LINEモバイルのマイページにブラウザでアクセスします。

申し込みをした際に登録したIDとパスワードを入力します。

f:id:pompomponta:20161229160725j:plain

マイページを開くといきなりポップアップで利用コードがでてきますので、これをコピーしてLINEアプリに戻り貼り付けます。

f:id:pompomponta:20161229160857j:plain

するとこのような画面になりますので、通知を許可します。

f:id:pompomponta:20161229161132j:plain

通知を許可すると、年齢認証が完了します。

f:id:pompomponta:20161229161315j:plain

よっしゃ!これでID検索できるで!!

LINEアプリで残データ量などが確認できる…そう、LINEモバイルならね。

LINEが運営しているLINEモバイルですから、LINEアプリ上で残データ量や契約内容の確認・変更が可能です。問い合わせもオペレーターとLINEトークで可能ですから、LINEアプリで全て完結する利便性の高さもウリです。

その機能を使うためにはLINEでLINEモバイルと友達になる必要があります。

f:id:pompomponta:20161229170514j:plain

追加すると次のような画面に。

f:id:pompomponta:20161229170551j:plain

以降はLINEモバイルとのトーク画面で上の画像のようにメニューを表示できます。

マイページにアクセスするならメニューの『契約者連携』からLINEモバイルのIDとパスワードを入力します。

トーク画面で残データ量を確認するには『利用者連携』を。これでデータプレゼントもできるようになります。

さらにこのトーク画面からオペレーターに問い合わせができます。

メニューの『いつでもヘルプ』をタップして、下の画像のような流れでオペレーターとトークします。

f:id:pompomponta:20161229181407j:plain

もちろん電話でも問い合わせできますが、ちょっとしたことをトークからサクッと聞けるのはかなり便利です。

通信速度はどんなもん?評判通りに快適なのか?

サービスの面ではかなり使いやすいLINEモバイルですが、通信速度もやはり大事です。

参考になるかは分かりませんが、下関での通信速度を計ってみました。

  1. あるかぽーと
  2. 唐戸

あるかぽーと?なんだそれはと思われるでしょうが、ここには海響館という下関が誇る水族館があります。観光客がかなり訪れる場所ですね。そして唐戸。あるかぽーとのすぐ近くなのですが、ここには唐戸市場という市場がありここも観光客が集中するところです。

ではまずはあるかぽーとです。

f:id:pompomponta:20161229183756j:plain

次は唐戸です。

f:id:pompomponta:20161229183908j:plain

どちらもなかなかの速度です。まだそこまで契約者数も多くないでしょうし、かなり快適に通信ができそうです。

いずれぼくが契約しているその他のMVNOとも速度比較をしてみたいと思います。

まとめ

使いやすさもLINEアプリで完結しますから、他社とくらべてのかなり良好ですし、少なくとも下関ではなかなかの速度で通信ができます。

思っていた以上によかったです。

これから新たにMVNOに乗り換えようと思っている方はもちろんオススメですし、ブロガーさんもブログ用LINEアカウント作成を気軽にできて料金は格安なのでそういう使い方にもオススメです。

そうそう、やまだぽんたアカウントのIDは『yamaponta1985』です。

QRコードはこちら。

f:id:pompomponta:20161229184753j:plain

と、友達になってあげてもいいんだからねっ!!

ではでは

 

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!