読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

docomo回線の縛りが終わるから次に契約するMVNOを考える

キャリア キャリア-MVNO

こんにちは!

来年の1月にぼくの持っているdocomo回線の縛りがついに1つ終わるんです。これでやっと通信費の圧縮に着手できるわけなんですけれども、このdocomo回線は自分の母親に貸してあげているN-03Eに挿してあるSIMなんでおいそれと解約はできないんですよね。かと言って以前書いたようにY!モバイルはN-03Eに挿しても地獄を見るだけですからね。

pontablog.pompomponta.com

N-03Eを使う以上docomo回線は必須なんですよね。

f:id:pompomponta:20151204143538j:plain

だからこそここでMVNOの登場なわけですよ!幸いもともとデータ契約の回線なんで、MNPする必要もないしそんなに手間はかからないんですよね。それに母親は基本的に家のWi-Fiに接続して使ってますからデータ容量は最低で問題なしなんです。

でも最低料金のデータ通信プランでMVNOと契約するにしても、どれにすればいいか?いざ自分が契約するとなると悩んでしまうところなんですよね。

というわけで今回はMVNOの最低料金を調べてみました。

気分的に小さい会社より大手のやってるMVNOの方がよい気がする

最近いろんなMVNOのHPを見ていますが、やっぱ微妙な規模のMVNOのHPってしょぼいし情報も少ないんですよね。だからある程度大手のMVNOにしようかと思います。こういうところでサイトの作りって大事なんだなって改めてわかりました。ブログも一緒ですね。

閑話休題

MVNOで検索しても検索に引っかかるのはほとんどアフィリエイトサイトで実際にどこがいいのかなんてわかりません。だからとりあえずぼくの独断と偏見で選んだMVNO各社の最低料金だけで表を作ってみました。

  DMMmobile U-mobile ぷららモバイルLTE
プラン名 データSIMプラン ダブルフィックス 定額ライト
利用料金 590円 680〜900円 900円
データ容量 1GB 1GB〜3GB 110MB/日
SMS 150円 150円 150円
  • DMMmobile
  • U-mobile
  • ぷららモバイルLTE

大手で安いところだとこの3社がいいのではないかと思われます。

ではそれぞれの特徴を次からお伝えいたします。

DMMmobileの特徴

DMMmobileはなんといっても安い!これが1番の特徴です。

各料金プランで業界最安値を自負するだけあってとりあえず安いです。それに余ったデータ容量を翌月に繰り越してくれるというサービスもありますし、もしデータ容量を超過してしまっても『バースト機能』があります。『バースト機能』というのは低速状態になっても読み込みの最初だけ高速にしてくれる機能なので、HPにもありますがテキストメインのサイトだと低速なことを忘れてしまうくらい快適に通信できるでしょう。

まぁ母親に持たせるやつなんで毎月繰り越し状態だと思いますけどね。

さらに利用料金の10%がDMMポイントになるんです。これはデカい。むしろこれが1番の契約する理由になりかねないレベルです。ぼくのメイン回線もMNPしちゃうかもしれません(笑)

DMM mobile データSIMプラン 1GB

U-mobileの特徴

U-mobileのいいところはDMMと同じく1GBプランからあること。さらにダブルフィックスプランであれば1GBを超えても低速にならずに3GBまで使えるってことです。だから料金が680円〜900円になっているんですよ。

なのでDMMmobileより最低料金は高いですけど、安心して持たせることができるというのがいいですね。

さらにOPで『スマホでUSEN』というものもあります。外で聴くにしても家で聴くにしても490円でUSENが聴き放題と言うのはなかなかいいですよね。

U-mobile データ専用

ぷららモバイルLTEの特徴

ぷららモバイルLTEは上の2社と違い、データ容量が月単位ではなく日単位です。1日に110MBなので月に換算すると3.3GB使えます。それで900円ですから結構安いですよね。しかも運営はNTTグループですから安心感があります。

しかもいまなら『初月無料キャンペーン』と『雑誌読み放題セットキャンペーン』というものをやっています。

『初月無料キャンペーン』は2016/1/31までで『雑誌読み放題セットキャンペーン』は2016/3/31までなんですが、この2つを組み合わせるとめちゃめちゃイニシャルコストが安くなるんですよね。それに『雑誌読み放題セットキャンペーン』は結構雑誌の種類も豊富だからいらないOPではないと思います。

ぷららモバイルLTE

やっぱりDMMmobileかなぁ

というかんじで調べてみましたけど、母親に持たせるのはDMMmobileかなぁって思います。ちょうど3月にぼくのメイン回線のiPhoneも更新月になるんで合わせるのもいいかなぁって。

なぜかって?DMMポイントが貰えるからだよ!!それ以外あるか!!

もう電話もほとんどしないし、もしこちらからかけるならかけ放題プランのXperia Z4があります。さすがに着信は受けられるようにはしますけどそれだけでいいですもんね。

さらにデータをシェアできるというのがデカい。

というわけで現状の結論はDMMmobileになりました(・∀・)

ちなみに速度が最低で良ければ440円〜プランがあるんですよ。DMMmobileめっちゃ安いわ。

まとめ

今回はあくまで最低料金で決めました。でも通信品質とか通話のサービスとかで考えるとまだまだMVNOの検討要素はたくさんあります。

各社がそれぞれ自社のサービスと組み合わせているから色んなOPがあって、そういうのを見てるとあっちもこっちもそっちもどっちもよく見えてきちゃうんですよね。だから今回のように『安さ』みたいなテーマを決めて選んでみるとMVNO選びがちょっとは簡単になるんじゃないかと思います。

ではでは