読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

楽天モバイルで5/9からMNP転入時に回線の開通をユーザーでできるように!電話の不通期間解消へ

キャリア キャリア-MVNO

こんにちは!

楽天モバイルがどんどん使いやすくなってますね。ついに5/9からMNPの開通手続きをユーザー側でできるようになります。

f:id:pompomponta:20160427142019p:plain

画像は楽天モバイルより

ぼくはいまiPhone6で楽天モバイルSIMを使っているんですが、これは3月にdocomoからMNPしたんですよね。その頃はもちろん不通期間ありでしたから、使えない期間が2〜3日とはいえその期間は不便でした。家だとWi-Fiあるから使うことはできるんですけど、外に出ると途端に不通期間の不便さが発揮されるんですよ。

下関はなにぶん田舎なもんで都会とは違って楽天モバイルのショップはありません。同じく地方在住者(田舎)にとって楽天モバイルを選ぶ理由の1つにはなりますよね。

楽天モバイルのMNP手続きは5/9からどう変わるのか?

5/8まではこのような流れでMNPの手続きをします。

  1. MNP予約番号を各携帯電話会社で取得
  2. 楽天モバイルでMNP手続き
  3. 回線切替まで2〜3日待つ
  4. 回線切替完了後SIMの発送
  5. 2〜3日後到着

ぼくもこうでした。

それが5/9以降はこのようになります。

  1. MNP予約番号を取得
  2. 楽天モバイルで手続き
  3. SIMの発送
  4. 2〜3日後到着
  5. 楽天モバイルに電話して回線切替

と言った具合に5/9以降は時間的なラグがかなり少なくなるんですよ。

ただ自分で開通手続きするのはよく分からないから嫌だという方は、これまでと同様に楽天モバイルに開通手続きをしてもらってからSIMの発送もできます。

この画像の下部に

※MNPの方法は、楽天モバイルWebお申し込み時に選択できます。

とあります。

f:id:pompomponta:20160427150805p:plain

画像は楽天モバイルより

選択できますから自分でやるのが不安な方も安心ですよね。あとは不通期間があってもいいから自分でやるのめんどくさいなぁって方も楽できます。

開通手続きをユーザー自身ができるようになることで利用開始までが非常にスピーディに

楽天モバイル側で回線切替をしてからSIMを発送する場合と比べると、切り替わるまでの期間を待つ必要がなく手続きすればすぐに発送されるわけですから利用開始までがかなりスピーディになります。

不通期間が無くなるだけでなく、SIMが到着するまでの時間自体が短縮されますからね。

開通手続きは24時間可能。即時開通は9時〜21時

開通手続きは24時間いつでも可能です。これはありがたいですね。

しかし、即時開通は9時〜21時となっているようです。

午前8時59分までに開通受付が完了した場合、当日の9時から午後21時の間にSIMカードが開通され、午前9時以降に開通受付が完了した場合、翌日の9時から午後21時の間に開通されます。

楽天モバイルプレスリリースより 

これを読むと21時1分〜8時59分に手続きをすると開通はすぐにはされず、9時〜21時に開通となるみたいですね。

この開通手続きがどのようなものになるのかと疑問に思いましたので、先ほど楽天モバイルにこの点について問い合わせたところ、リリース直後のため現状では決まっていないそうです。

オペレーターによる対応なのか自動音声による対応なのかも決まっていないそうですから、相変わらず見切りでガンガンやっているんですね(笑)楽天らしさが出ています。

まとめ 

この他にもhuluの取り扱いやWi-Fiスポット提供の開始など、楽天モバイルがサービスをドンドン拡充しています。

楽天モバイルだけでなくMVNOが使いやすくなっていくのはMNO(キャリア)利用者にとって乗り換えるいいキッカケになりますね。

これからも楽天モバイルの動きには注目です。

ではでは