読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

SoftBankが『ギガモンスター』、auは『スーパーデジラ』の新プラン。沈黙を守るdocomo

こんにちは!

9月8日、SoftBankが衝撃の発表を行いました。

なんと『ギガモンスター』と題し、データ定額パック20GBを6,000円で提供するというのです!!

www.softbank.jp

ついにMNOにも格安化の波が…と思ったのもつかの間、さらに9月9日、auが同様のプラン『スーパーデジラ』を発表したのです。

news.kddi.com

これで俄然注目されるのはdocomoの動向ですが、現状全くdocomoは対抗プランを発表していません。

f:id:pompomponta:20160909211139j:plain

SoftBankとauが足並みを揃えた以上同様のプランをdocomoが発表しても、大きく違うものになるとは思えませんが、それでもdocomoだけが沈黙を守っているのは不気味ですね。

ということで今回はSoftBankとauが発表した、『ギガモンスター』と『スーパーデジラ』についてです。

新データ定額プラン『ギガモンスター』と『スーパーデジラ』

どちらのプランも『20GB、もしくは30GBのデータ通信量を破格(キャリアでは)で提供する』というものです。賛否はありますが、不当に高かった料金がある程度適正化されたということをまずは喜ぶべきではないでしょうか?

それぞれ料金はこのようなものに

SoftBankの『ギガモンスター』の料金はこのようになります。

f:id:pompomponta:20160909230917j:plain

データ定額が20GB6,000円、30GB8,000円になります。データ定額5GBの料金が5,000円ですから、それにプラス1,000円でプラス15GBになるわけです。

そこだけを考えると異常なくらい安いですよね。

問題はデータシェアはできないというところ。うーむ…という気がしないでもないです。それより全体の料金を下げろよと誰もが思っているはず。

以下SoftBank 公式HPから引用

4G ケータイやタブレットでも加入できます。また、データシェアプラスの親回線として加入できます。家族データシェア、法人データシェアの親回線としては加入できません。

20GBで月額6,000円! データ定額に「ギガモンスター」登場! | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループより

auの『スーパーデジラ』はこのようなものに。

電話カケ放題プラン

f:id:pompomponta:20160909231633j:plain

電話カケ放題プラン S

f:id:pompomponta:20160909231618j:plain

SoftBankと料金的には全く変わりません

テザリング有料だったのに、急に無料に

9月8日の段階でSoftBankが発表した際には、テザリングオプションは通常500円のところを1,000円としていました。さらにデータ繰り越しは余った容量が全て繰り越せるわけではありませんでした。

f:id:pompomponta:20160909234303j:plain

それがauが9月9日に対抗プランを発表、テザリングに無料期間(〜2017年4月)、データは全容量を繰り越し可能にすればすぐさまそれに合わせてSoftBankも同様のプランにしました。これにより両社のプランに明確な違いが無くなりました…いや、お前用意してただろ?それ話し合ってただろ?なんて疑問が浮かぶのはぼくだけではないはず!

テザリングのためと言っても過言ではないくらいのプランですから、せめて契約後2年間はテザリングを無料にしていただきたいものです。

テザリング用途を考えれば、モバイルルーターの必要性がかなり落ちる

これまでは大半のユーザーが5GB以下でデータプランを契約しており、テザリングは緊急時に使用するといったものでした。それをカバーするのが通信容量無制限だったりMNOと比べて圧倒的に容量あたりの単価が安いMVNOなわけですが、やはり通信品質という点ではMNO(キャリア)に当然劣るわけです。

通信速度計測アプリを使って調べた速度と実際に体感する速度には乖離があることが多いですし、昼時の低速っぷりには正直辟易としているのはぼくだけではないはず。安いですしそれ以外に不満はないんですけどね。

だけど20GBあれば、外でテザリング目的に利用するとしても躊躇せずに利用できます。そもそもスマホと違い、PCを接続しっぱなしってあまりありませんよね。ポイントポイントでストレスなく通信できればいいわけです。そのストレスは通信速度と通信容量制限なわけですから、今回のプランではどちらもクリアできるわけです。

ということはモバイルルーターを持つ必要性がかなり薄れますよね。

超ざっくりとした試算をしてみる

2台持ちをしているとして、例えば5GBではなく2GBのプランを契約していて、別でMVNOと契約したSIMを刺したモバイルルーターを持っているとしましょう。上の表から計算すれば、2GBのプランだとカケ放題で毎月6,500円となっています。ここに2,500円足すと20GBプランの料金になるんですけど、MVNOを無制限で契約してれば2,980円(例:U-mobile)ですからこの時点で足がでます。確かに無制限で使えるのは使えますが、通常のプランよりも圧倒的に絞った状態での無制限ですからね。

ですから、常時接続してなきゃマズいノートPCを持ち歩いているというわけでなければ、モバイルルーター替わりにテザリング用途メインとしてこの『ギガモンスター』『スーパーデジラ』を契約するというのがいいんじゃないでしょうか?

ってかこうでもしなきゃ20GBなんて到底使い切れないことないですか?そうでもない?

まとめ

docomoの動きが非常に気になりますが、まぁ普通に考えて同じようなプランを出してくるでしょう。ここで使い放題とか来るとみんなdocomoにしちゃうのになぁ。

iPhone7発売前にdocomoから何らかの動きがあるでしょうから、それを楽しみにしておきましょう。同じプランだったらもう談合以外の何物でもないです。みんなで怒りましょう。

ではでは

 

キャリア版iPhone7 / iPhone7 Plusの予約・購入はこちらからどうぞ。

docomo

docomo Online Shop

au

au Online Shop

SoftBank

SoftBank オンラインショップ