読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

Xperia新シリーズキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!Xperia Xシリーズが発表されたよ!!

スマホ スマホ-Xperia

こんにちは!

バルセロナで開催中のMWC2016にてSONYがXpeiraの新シリーズ、『Xperia Xシリーズ』を発表しました!!うひょぉぉぉぉー!!!!

f:id:pompomponta:20160222211326p:plain

ニュース&トピックス | 会社情報 | ソニーモバイルコミュニケーションズより

Zシリーズが終わりってわけではなく新たなスマホシリーズってことみたいですね。

よかった…Z6 miniの夢はまだ潰えてないってことだ!これはこれで今後に(夏か秋くらい?)期待しておこう。

(2016/2/25追記)

もうZシリーズは終わってXシリーズになるみたいです。以下の記事参照

『Xperia Z5は最後のZシリーズ、Z6という製品は出てこない』ソニーモバイル伊藤氏が明言:MWC 2016 - Engadget Japanese

(追記終わり)

今回発表した端末は上の画像にあるように『Xperia X Performance』『Xperia X』『Xperia XA』の3機種です。

Zではなくその手前のXってことなのか、ちょっと期待値を下回っている気がしないでもないスペックです。そこらへんについてパパっと書いちゃいますね。

新たなスマホ『Xperia Xシリーズ』について

ザクっとスペックを表にまとめてみました。

端末 Xperia X Performance Xperia X Xperia XA
OS Android 6.0 Android 6.0 Android 6.0
CPU Snapdragon 820 Snapdragon 650 MediaTek Helio P10
RAM 3GB 3GB 2GB
ROM 32GB 32GB 16GB
ディスプレイ 5.0インチ(1080×1920) FHD 5.0インチ(1080×1920) FHD 5.0インチ(720×1280) HD
メインカメラ 2300万画素 2300万画素 1300万画素
サブカメラ 1300万画素 1300万画素 800万画素
指紋認証

フムフム。この中で日本市場に投入予定なのは『Xpeira X Performance』のみとのことですけども、やっぱり物足りない。

いや、充分ハイスペックですよ。もう絶対日常使用に問題が無いのは分かってます。

ローエンド向けな位置づけの『Xperia XA』だって全然問題無いはずです。うん。それはいいんだ。

問題はそこじゃないんだ。

ライバルから1周遅れの感が否めない

ハイエンド向けの『Xperia X Performance』ですら同日に発表されたライバルのGalaxy S7やLG G5より1つ下のスペックです。SoCは確かに同程度。でもね、ライバル達はRAM4GBだしWQHDディスプレイなんですよ。

しかもそれでいて今夏発売ってことは1周半遅れじゃないか!それじゃダメじゃなイカ!

これはあくまでZシリーズまでの布石なのか?

やはり真のハイエンドスマホは『Z』を冠するものでないといけないってことでしょうか?『Z』の2つ手前の『X』ですからね。だけど『X』ってExtremeとかそんなちょっとオサレかっこいいかんじのイメージですけど。

ここであえて『Xperia Xシリーズ』を発表しておいて、夏くらいに『Zシリーズ』を発表する。ってことじゃないでしょうか?そうであってくれ!これじゃあ『Xperia』のブランドが泣くぞ!!

カタログスペックが全てではないのはわかってますけどね。

Xシリーズの良い点は?

はい。ここまで文句を言ってきましたけども、やっぱりそれでもXperiaですよ。そりゃかっこいい。三星やLife is Goodとはそこはもうレベルが違う。それにやっぱりこれまでにない技術を詰めてきてます。さすがSONYですよ。この感覚がXperiaですよ。

ぽんた的にはこれらに注目したい

背面がオール金属製になっててこれまでとイメージを変えてきたところはおもしろいなぁって思いました。iPhoneみたいに背面がアルミになっています。かっこよいなぁ。

それに全てを5インチにまとめてきてますよね。コストにもこれは寄与しそう。

さらにディスプレイのガラスもエッジ部分がちょっと曲面になっているみたいです。フムフム、イメージ変えてきてますなぁ。

バッテリーも劣化が従来より抑えられていて、寿命が2倍になっているとのこと。

そしてカメラがすごい!『Predictive Auto Fucus』というもので予測してフォーカスしてくれるらしいんです。なんだそれは!もはや人工知能だ!すげぇ!!!

日本市場に投入予定の『Xperia X Performance』は防水仕様らしいです。日本市場はココをやたら重視しますからね。大事。ココ大事。

ってかさ、全部日本に投入してくれよ

そろそろ中華メーカーに席巻されてるMVNOにもXperiaを解放してくれ。このMVNOが盛り上がっている今こそ『Xperia X』や『Xperia XA』クラスの端末を日本で売るときですよ。なんかキャリアと密約でも交わしてんのか?って思うくらい消極的なのはなぜ?

富士通とSHARPしか日本メーカーに選択肢がなかったのにSONYが参入したらバカ売れ間違いないでしょ?

う~ん、SONYの経営判断が謎だ。 

まとめ

とりあえずだぁーっと書いちゃいましたけども、何にしても新たなシリーズには今後も期待したいところ。

モデル数をやみくもに増やすよりもこうキッチリとシリーズ化して客としても分かりやすい形で販売してくれるのはいいですよね。

しかし発売が今夏って…なげぇよ!!Samsungは3月発売だぞ!!

もうちょいですね。

ではでは