読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

Xperia Z4 TabletはSIMフリー版とキャリア版どっちが安い?

こんにちは!

クリスマスは皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか?うちは全くパーティもせず、ケンタッキーも食べず妖怪ウォッチのケーキを食べて過ごしました(・∀・)

ところでクリスマスといえばプレゼントですが、そんなプレゼントに最適なものはなんだと思いますか?…そうです、タブレットですね!おじいちゃんおばあちゃんにも子どもにも誰にあげても喜ばれます

f:id:pompomponta:20151225080649j:plain

んで、そんなタブレットで一番人気はやはりiPadなんですけども、これはどうしても高い。SIMフリー版になると目ん玉が飛び出るくらいの金額になってしまいます。

そんな中でぼくがオススメなのが『Xperia Z4 Tablet』です。これは以前当ブログでも取り上げましたね。

以前取り上げたときはdocomo版だったんですけど、改めて時間が経ってみるとSIMフリー版という選択肢もあるわけです。

今回はSIMフリー版とキャリア版を比べてみてどちらが安くなるのかを考えてみます。

Xperia Z4 TabletのSIMフリー版とキャリア版について

現在Xperia Z4 Tabletを扱っているキャリアdocomoとauです。SoftBankはXperiaについてスマホを扱うようになりましたけど、タブレットにはまだ手を出していないみたいですね。

SIMフリー版についてはEXPANSYSで扱っています。いま20%オフで販売してますからチャンスかもですね。中古なんかも視野に入れればもうちょっと幅は広がるんですけど、わざわざ白ロムを買うよりは新品を買うべきだと思いますので今回は割愛します。 

f:id:pompomponta:20151225082612j:plain

ところでなんでソニーストアで正式に日本用でSIMフリー版を扱わないのかほんとに不思議なんですけど、これはまぁキャリアとの兼ね合いなんでしょうね。

ひとまずいつものように価格を比べてみましょう。

キャリア版はdocomoとauのタブレットプランで2GBでそれぞれ新規契約した場合、SIMフリー版はDMMmobileのデータ専用プラン2GBでSMS無しでやってみます。

  docomoで購入した場合 auで購入した場合 EXPANSYSで購入した場合
基本使用料 1,700円(税別) 1,700円(税別) 770円(税別)
ISP料金 300円(税別) 300円(税別) -
パケット定額 3,500円(税別) 3,500円(税別) -
端末代総額 93,312円(税込) 92,880円(税込) 68,500円(税別)
1ヶ月あたりの端末代 3,888円(税込)24回 2,580円(税込)36回 2,854円(税別)24回
通信料割引 -2,862円(税込)24回 -1,350円(税込)36回 -
実質負担金 1,026円(税込)24回 1,230円(税込)36回 -
合計額 6,966円(税込) 7,170円(税込) 3,913円(税込)

ちょっと値段の差が圧倒的ですね…次から詳しくご説明します。

docomoはかなり安くなったが…auが高すぎる

docomoは当初かなり高かったんですけどね。ぼくが購入検討している頃(8月頃)は月額10,000円近くになってました。そこから考えるとかなり安くなってます。

auがちょっとびっくりです。36回払いで買わなきゃいけないのになぜか負担金がdocomoより高いんですよ(´・ω・`)なんでや(笑)

EXPANSYSで購入するのが1番安くXpeira Z4 Tabletを持てる

EXPANSYS iconで購入するのが1番良さそうですね。何よりキャリアの縛りがないですから、より安いプランのあるMVNO使い勝手のいいプランのあるMVNOにすぐに移ることができます。

しかもSIMフリーですから海外に行ってもSIMの差し替えだけで使えます。さらにキャリアが間に入ってませんから、アップデートもキャリア版より早いわけですよ。

SIMフリーを買わない理由がないですね。

スペックはもちろん現状でも最高峰

スペックに関してもご心配はいりません。2015年の夏に発売されたとは言え現状でも最高峰のハイスペックタブレットですから、2年以上は余裕で戦えます。

また別売りのキーボードをつけておけばもうPCとほぼほぼ変わりません

ソニー BKB50 Xperia Z4 Tablet用Bluetoothキーボード
by カエレバ

欲を言えば純正キーボードにトラックパッドが欲しかったなぁってくらいでしょうか? 

まとめ

やっぱりSIMフリー版がある端末についてはSIMフリー版+MVNOが最強ですね。維持費が圧倒的に違います。特にタブレットだと通話がありませんから完全に料金が固定されます。ですから安さはさらに際立ちますよ。

MVNOの契約SIMフリー端末の購入に必ず必要になってくるのがクレジットカードです。

もしお持ちでないならこの機会にお作りになることをオススメします。

⇒☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

今回サンプルで使ったDMMmobileはMVNO最安を謳っております。維持費を安くするのにこれほど適したMVNOはないかもしれません。

DMMモバイルデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!

EXPANSYSのサイトをチェックすればまだまだ掘り出し物はたくさんあります。ぜひぜひ一度のぞかれてください。 

[海外SIMフリー] 人気のSony Xperia 最新機種販売中!

ではでは