読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

Y!モバイルでポケットWi-Fiを買うメリットとデメリットとは?

こんにちは!

Y!モバイルのポケットWi-Fiがかなり今アツい気がします。というのも11/4から非常に料金の安くなる新しいプランが登場したからなんですね。さらにそれと組み合わせられる新キャンペーンによって他社と比べて非常に割安になっております。

Pocket WiFi メガ得2キャンペーン

今回登場した料金プランのポイントは『401HW』を対象としており、『Pocket WiFiプランSS(さんねん)』というプランになります。

月々の利用料金が2,480円で5GBまでデータ量を使えます。ただやはり『Y!モバイル』ですから、必ずそこに注意点があります。

今回はこの新登場プラン『Pocket WiFiプランSS(さんねん)』についてのメリットとデメリット、さらにそれに付随したキャンペーン『Pocket WiFiメガ得キャンペーン2』の詳細についてお伝えいたします。

Pocket WiFiプランSS(さんねん)とメガ得キャンペーン2について

『Pocket WiFiプランSS(さんねん)』は先に述べたようにデータ容量が5GBなのですが、『Pocket WiFiメガ得キャンペーン2』との組み合わせによって2GBプラスされますので、データ容量は7GBとなります。

ということは月々2,480円でデータ容量が7GBですので他社のプランと比較しても非常に安い。

さらに『Pocket WiFiメガ得キャンペーン2』については『305ZT』を対象としている『Pocket WiFiプランL(さんねん)』とも組み合わせられます。この場合は『Pocket WiFiプランL(さんねん)』の通常料金から684円引きになります。ですから利用料金は月々3,696円となります。

料金等の表を作りましたのでご覧ください。

Pocket WiFiメガ得キャンペーン2適用時
  Pocket WiFiプランSS(さんねん)   Pocket WiFiプランL(さんねん)
利用料金 2,480円 通常利用料金

4,380円

特典 データ容量2GB追加 特典 684円割引
契約期間 3年間 契約期間 3年間
総データ容量(3年間) 7GB 利用料金(3年間) 3,696円

両料金プランは『Pocket WiFiメガ得キャンペーン2』を適用した場合このようになります。

Pocket WiFiプランSS(さんねん)の料金について

3年契約のおトク割というものに加入前提の料金になっております。

通常料金だと2,980円ですが3年契約のおトク割に加入することで500円引きの2,480円となります。

また、他社で同様のデータ容量のプランだとSoftBankにありますが、SoftBankだと3,696円ですので約1,200円程こちらのほうが得になりますね。

Pocket WiFiプランL(さんねん)の料金について

こちらも3年契約のおトク割に加入することで4,380円になり、さらに『Pocket WiFiメガ得キャンペーン2』と組み合わせることで3,696円になります。これだとSoftBankの料金と一緒になりますが、こちらはアドバンスモードに設定して『AXGP』のみでの通信だと使い放題になります。通常のLTE通信も一緒にだと7GBなんですけどね。

AXGP』というのはざっくりと『WiMAX 2+』のようなものと思ってください。

そちらでの通信は使い放題ということでアドバンテージはかなりあると思われます。

それぞれの注意点

Pocket WiFiプランSS(さんねん)』『Pocket WiFiプランL(さんねん)』ともに3年契約というのは先に述べた通りです。

『Pocket WiFiプランSS(さんねん)』の対象デバイスは『401HW』、『Pocket WiFiプランL(さんねん)』の対象デバイスは『305ZT』となります。

ただ、『Pocket WiFiプランL(さんねん)』と『Pocket WiFiメガ得キャンペーン2』の組み合わせについては契約変更でしか受け付けていないようです。新規での契約では適用不可ということですね。

そこらへんは謎です。『401HW』を捌きたいのでしょうか?それとも『305ZT』の在庫が少なくなってきている?またはユーザーがよそのキャリアに行くのを防ぐためでしょうかね。

通信容量制限はあるのか?

『Pocket WiFiプランSS(さんねん)』『Pocket WiFiプランL(さんねん)』ともに3日間で3GBの通信容量制限があります。ここはデメリットと言えるかもしれません。

ただ、以前は3日間で1GBだったことを考えるとかなり緩くなってますし、他社にしてもWi-Fiルーター専用プランについては同様の制限をかけております。

大きなデメリットとは言い切れないですが、『Pocket WiFiプランL(さんねん)』の『AXGP』での通信にも3GB制限がかかりますからここは残念なポイントです。

まとめ

最近のY!モバイルはメリットが大きくなり、デメリットは縮小していっている印象です。何よりSoftBankと通信環境がほぼ一緒ですから多少料金が高くなったとしてもMVNOの格安SIMよりは安定した通信ができるのではないでしょうか?

さらに今回登場したプランの『Pocket WiFiプランSS(さんねん)』については料金だけで言うとMVNOとさほど変わりません。むしろ3年間使うのであればこちらのほうがお得であると言えます。

ではでは