読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたが携帯電話をいじくってみる

XperiaについてやiPhone、その他android端末情報とキャリア施策についてなどのスマホ情報にMacのことなどなど

MENU

ZenFone Selfieで『イリュージョンシリーズ』というのが日本で発売されるらしい!12/4から!

こんにちは!

最近のASUSの勢いはすごいですね!少なくとも日本のSIMフリー端末市場は完全に制覇した感じです。スマホだけじゃなくてタブレットもPCだって攻めてますしね。

なんだか日本企業と比べると、日本企業はほんとに動きが遅いので見ててもどかしいですけどASUSのどんどんチャレンジしていってる姿を見習って欲しいです。規模だってもはやASUSだってほとんど変わらないってかASUSの方がでかいんじゃないですか?

だから日本企業は規模がでかいからスピードが遅いって言い訳はもう通用しないですよ。

f:id:pompomponta:20151129015200j:plain

とまぁぼくは経済アナリストではないのでこれ以上言ってもしょうがないですし、詳しくはわからんのでやめときますわ。

とりあえず今回ご紹介というかお知らせしたいのが、ASUSの『ZenFone Selfie』に12/4から『イリュージョンシリーズ』という新色が追加されるみたいなんですよ。予約等はもう始まっているみたいなんですけど、これがかっこいいんですわ!

こういうかっこいい色使いの端末にもASUSの勢いを感じるレベルです。

というわけで今回は『ZenFone Selfie イリュージョンシリーズ』をご紹介いたします。

ZenFone Selfie イリュージョンシリーズについて

デザインと性能と価格が全てよくまとまっています。コンセプトを絞ってあるってのもいいですね。

まずはそのデザインをご覧ください。2色あってどちらもかっこいいんですが、ぽんた的にはイリュージョンパープルのほうがかっこいいですかね。

こちらがイリュージョンホワイト

こちらがイリュージョンパープル

ね?これはかっこいいでしょ?カバーを着けるのがもったいないですよ。裸族のぼくとしてはこれは欲しい。

スペックは必要十分なレベル。

スペックは確かにハイスペック端末ではありません。ですけど価格を考えればちょうどいいミドルスペック端末です。日本メーカーのロースペック端末とほぼ同等の価格にもかかわらずですよ。

では『ZenFone Selfie』のスペックを簡単に表にしましたのでご覧ください。

端末 ZenFone Selfie
OS Android 5.0.2
CPU Snapdragon 615
オクタコア 1.5GHz×4 1.0GHz×4
RAM

2GB

ROM 16GB
ディスプレイ 5.5インチ(1080×1920) FHD
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 1300万画素
サイズ 156.5 x 77.2 x 10.8mm
重量 170g
バッテリー 3,000mAh
SIM microSIMスロット×2
価格 40,824円(税別)

このスペックで不満があるならそりゃ購入対象が間違っています。大人しくハイスペック端末を買いましょう。

注目ポイントを太字にしましたけどわかりますかね?CPUとインカメラと価格です。

CPUがSnapdragonなのはいいですよね。最近ASUSはインテルのプロセッサーが多いですけど、Snapdragonならアプリの対応が間違いなくされてますから万が一アプリが動作しないという心配もなく端末乗り換えも気楽にできます。

それにやっぱり『Selfie』を謳うわけですからインカメラの1300万画素は圧巻ですね。もうバンバン自撮りしましょう。1日1自撮りみたいな。

それでいてこの価格ということで価格にもフォーカスしてみたんですけど、適度な価格ですよね。スペックで考えるとちょっと安いくらい。まぁZenFone2の下位モデルの方が価格は安いわけですけどもコンセプトが全然違いますからね。

ちなみにいまASUS公式のZenFone Shopで買うと自撮り棒が先着200名でもらえます。もらえたらラッキーですね(・∀・)

まとめ

こういうコンセプトのはっきりしているスマホは大好物です。サイフに余裕があれば100%買ってますわ。というか親に持たせるスマホ候補になってますね。

でもこれまでの『ZenFone Selfie』って色がポップすぎたんですよね。だけど今回追加された新色でグッと絞まった。いいかんじです。

こういう展開をしてくれればスマホ購入時の選択肢が広がりますからいいですよね。

ではでは

by カエレバ